2015年05月03日

小説【幻夜】東野圭吾

阪神淡路大震災を経て生まれかわった魔性の女。 彼女の通る所、死屍累々。 まさに魔女の宅急便。不幸宅配便。 人の弱さにつけこむのに長けた悪魔がささやく。 美貌とコールドリーディングによって彼女に魅了され 魂を掌握された男により不都合な真実は隠蔽される。 犠牲者によってできた無限へと続く階段を登る魔女。 己の美のために、人々の人生を踏みにじり 悪を完遂する魑魅魍魎は野望を完遂するのか? 「白夜行」との決定的な違いは作品の主人公の魅力。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:00

2015年03月19日

小説『流星の絆』東野圭吾

流星を観に行っていた三兄妹。 帰宅したら両親が殺害されていた。 弟、妹を守ろうとする兄、 犯行現場から立ち去る男を目撃した弟、 幼い妹の三人は施設で暮らすことを余儀なくされた。 もう、父の絶品の「ハヤシライス」は食べられないし 母と会うことはできない。 担当刑事柏原は悲嘆に暮れる三兄弟を心配するが 捜査は難航し、進展を見せぬまま月日だけが流れた。 流れ星に復讐を誓った彼らは、 自分たちが詐欺の被害に遭ったことで ..
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:01

2008年11月22日

「読書三昧」

私は、人生において漫画を読んでいる時間と同じくらい読書を している気がする。 身体が不調で、療養を余儀なくされたときなど一日に十時間以上 本を読むこともある。←本を読むくらいの気力はある状態。 受験生が十時間以上勉強するという事実に比べ、娯楽でしかない。 コーヒー中毒(ネスカフェ中毒)と活字中毒、ブログ中毒にも 罹患している気がするが多分気のせいだ。 (なんでも「気のせい」にするのは深刻な事態だ!) 作家だと、宮部みゆき..
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:49

2008年10月06日

小説「白夜行」東野圭吾


権謀術数、裏切り、見えない絆、暗躍する影…… 殺人事件の被害者の息子桐原亮司と容疑者の娘西本雪穂の 壮大で物悲しい白夜行は次々の不幸を巻き起こす。 基本的に物語りは暗く、ハードな内容を含む。850ページ。 1973年、大阪の廃墟ビルで質屋を営む桐原亮司の父が殺された。 質屋であり、評判のよくない男でもあったため、容疑者は次々と 浮かび上がっていった。西本雪穂の母もそのひとり。..
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 19:32

2008年09月16日

小説「宿命」東野圭吾


敵対する二人の男の宿命の対決と、二人の間を繋ぐ一人の女の物語。 医者の道と最愛の女美佐子との恋を諦め、警察官になった勇作は、 殺人事件の発生によって永遠のライバルと対面。ライバルは、 財閥の御曹司であり、美佐子と結婚し、同時に医者になっていた。 貧しい家に育ったが故に、苦闘を強いられ夢をあきらめた主人公は、 ライバルを容疑者として疑い、事件の真相に迫るのだが、 そこには宿命とし..
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 20:59

2007年12月13日

「容疑者Xの献身」東野圭吾


「ガリレオ」こと湯川と、草薙のコンビが超難題に挑む。対戦相手は、 彼らの大学時代の同級生であり、湯川が「天才」と認めた数学者。 石神は、優秀な数学者であったが不遇な道をたどり、現在は高校の 数学教師。彼の趣味、人生の大半は「数学」に関することに集約され ていた。最近の石神の日課としては、アパートの隣人靖子が勤める 弁当屋に行くことである。 靖子は、娘の美里と共に暮らしている。靖子達は、かつての夫から ひどい暴..
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 22:31

2007年12月07日

感動作「秘密」東野圭吾

バス転落事故に合った三人家族。妻直子は、亡くなってしまうが、 平介と娘藻奈美は一命を取りとめる。しかし、藻奈美の様子がおか しい。藻奈美の中に、直子の心が入り込んでしまったというSF物語。 全く別の人生を歩もうと、猛勉強を始める直子。とまどいながら、 「秘密」を守ろうと、支え合い、時に傷つけ合ってしまう二人の切ない物語。「泣きたい」という人におすすめの感動的なストーリ−。 最後に明かされる本当の「秘密」とは?410ページ。(ハードカバーで)
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 17:29

2007年12月05日

感動長編「手紙」東野圭吾

兄は、弟を大学に行かせてやりたいと考えていた。 そして、盗み目的で入った家で殺人をおかしてしまう。 将来の門を開いてやりたかった兄の想いは、意図に反し 弟の将来という門をことごとく閉ざしてしまう。 兄と弟の間に、行きかう手紙。伝わらない想い、 伝えられない想い。読むほどに切なく、涙が止まらない。 被害者の家族、加害者、加害者の家族が抱える「傷」を 巧みに描いた社会派作品。 兄弟が、再会するラストシーンは感慨深い。355ページ。 (ハードカバー..
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:40

2007年12月04日

小説「予知夢 よちむ」東野圭吾

「探偵ガリレオ」シリーズ第2弾。 探偵ガリレオの紹介文はこちらです。 http://book0001.seesaa.net/article/70746394.html 小さな工場を経営する忠昭は、「金の回収」に行くと出かけて、 翌日ホテルで死体として発見される。睡眠薬を飲み、首に異常な 跡があったことから、警察は絞殺と断定。忠昭には1億円という 保険がかけられており、アリバイを持たない妻に疑いの目が向け られる。忠昭の娘が、忠昭が殺されたとされる犯行時間..
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:11

2007年12月03日

ミステリー「探偵ガリレオ」東野圭吾

警視庁捜査一課の草薙俊平は、説明のつかない難事件に直面。 若者の頭部がいきなり燃え上がるという「奇怪」な現象が起こった。 草薙は、友人である大学の物理学の助教授である湯川学に相談。 「科学探偵」の名推理に驚嘆。人気シリーズ第1作。 「燃える」  「転写る」(うつる) 「壊死る」(くさる) 「爆ぜる」 「離脱る」(ぬける)の5編を収録。 1作品約60ページ前後。 ドラマ「ガリレオ」の原作。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 21:29

2007年12月02日

「あの頃ぼくらはアホでした」東野圭吾


直木賞作家の、小学生時代から就職するまでを描いた おバカな短編エッセイ集。(作者は、1958年生まれです) ワルの巣窟と、言われるような中学校に、知らずに入学 してしまった作者は、恐ろしい日常を送ることを余儀なく される。(球技大会は命がけ) 無事(?)高校に入学した作者は、おしゃれに余念のない 女子高生に目を白黒。更衣室に潜入しのぞきをはかる…(笑) どう考えても、万年..
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 16:14

2007年12月02日

短編集「超・殺人事件」東野圭吾


作家である主人公の下に、会計事務所から通知が 届いた。莫大な額の税金がかかるという知らせに、 悲鳴に近い笑いを漏らす主人公。 会計事務所の浜崎と話し合い、自分の推理小説に、 購入品を無理やり登場させ税務署に、「経費」と主張 するという奇策を思いつく。(超税金対策殺人事件)。 他に高齢化社会を皮肉った、(超高齢化社会殺人事件) などブラックユーモア溢れる内容の全8編を収録。270ペー..
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 16:09