2016年08月27日

小説『新世界より』貴志祐介

人類は呪術(超能力)を手に入れ、新世界に突入した。
1600年後の日本を舞台に、こどもたちは大事なことを
隠された世界で大人たちの庇護の下、生きていた。
美しい世界に隠された様々な歪(ひずみ)、秘密と負の歴史。
新人類が支配するバケネズミは高い知能を有し醜く
こどもたちが生きる世界では目に触れないようにされている。

主人公にしてこの物語の語り手である早季は、幼なじみである
瞬、覚、真理亜と共に過ごした日々を回想する。
美しく輝いていて、責任を負うこともなかった青春時代。
呪術を身に付け、切磋琢磨していく学校での思い出。
ルールを破ったことで生じた身の危険と喪失した力。
垣間見えてきた社会の歪みと大人たちが隠している真実。
恋愛感情に似た友情、あどけない愛情。
掴んだ砂のように掌から消え落ちていく記憶たち。

人類はかつて起こった忌まわしい大虐殺事件を引き起こした
悪鬼、業魔の誕生及び暴走を危惧、反省した。
戒めをこめて、自らの超能力を
人間への攻撃ができないようにブレーキをかけた。
そして、戦闘能力に長けた猫などを作り有事に備え、
彼ら自身も超能力の向上に努めていた。

この美しくもグロテスクな世界では危険因子になりそうな
こどもはいつの間にかいなくなってしまう。そして、
彼、彼女を知るこどもたちもその記憶をなくしてしまう。
早季たちはあるとき、この世界に隠された不都合な真実、
かつて人類が行ってきた業の深い歴史を断片的であるが知る。
都合の悪いことは隠され、望まれぬ存在は消される。
人でありながら家畜のようなはかない立場。
必ずしもこの世界は美しく、未来永劫続くような堅牢で
豊かな世界ではないのではないか。
たとえさよならばかりの人生であっても生き続けなくてはいけない。
それが生物という種に課せられた宿命。
業を背負いながら人類はふたたび新世界を生きる。
日本が誇る戦慄のSF傑作。講談社文庫 上・中・下巻
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

直木賞「ナポレオン狂」阿刀田高


「ナポレオン狂」

狂人と常人の違いは一体なんであろうか?

ナポレオンをこよなく愛し、ナポレオンの狂信的とも言えそうな

南沢氏と私は知り合いだ。彼は、ナポレオンにまつわるものなら

何でも欲しがる男であったが、ナポレオンのためならば金に

いとめをつけなかった。南沢氏は、たしかに異常なまでに

ナポレオンに入れあげていたが、それ以外は全くフツーだった。


そんなある日、私は自分がナポレオンの生まれ変わりだという

男と出会った。そんなばかなと思ったが、確かに彼は日本人離れ

した容貌をしており、ナポレオンにそっくりだった。

私は、この男を南沢氏に会わせてみようと思いつくのだが…。


この発想はすごいと思う。伏線の張り方もうまい。


「来訪者」

この世の中には、富める者と貧しい者がいる。

主人公は生まれながらに金持ちであり、主人公の病院に出入りして

いた雑役婦(≒便利屋さん)は経済的な意味で恵まれていなかった。

主人公の家にやってきた雑役婦の真意とは……?

日常に潜むホラーをたくみに描いた傑作。これは怖い。


「縄」

死のうとしている人間の所にやって来るという「縄」。

編集者の元に届いた、不気味な手紙。闇の暗さにくらくらする。


13の短編集。13の文字が意図するものは、まがまがしさだ。

直木賞受賞作品「ナポレオン狂」や、日本推理作家協会賞の

「来訪者」などを含む著者の代表的な作品を収録している。

その内容は、ブラックユーモア溢れる内容でありおすすめである。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

短編集「どんぐり民話館」星新一

〜作品紹介〜

「親切」

死んでしまった主人公の耳もとに囁かれる親切で、優しい声。

天国、地獄、そして現世へと。主人公の意識は……。


「王さま」

粉ひきの息子が主人公。父の

「毎日同じことのくりかえしだ。新しい仕事を探した方がいい」

という遺言を胸に新天地へ。

不思議な出会いがあり、彼は王さまになるのだが……。


「秘密」

脱サラした男が主人公。パッとしないが安定したバーを

経営していた男の店に、「貧乏神」と名乗る男がやってきた。

秘密が引き起こす効果と、秘密って持つとしゃべりたくなる

よなぁという物語。妙味がある。


「永遠の青春」

ついに「不老長寿」の薬が完成した。不老長寿が引き起こす

別の問題の解決も果たした衝撃の内容。流石。

「影絵」

生きているのか死んでいるのか……それが問題だ。

人間の「認識」に言及したこの物語は、そこはかとない

ホラーの要素をはらんだ傑作だ。


星新一さんがショートショートの1001編を達成した記念の作品。

その完成度は高く、人生の喜怒哀楽を巧みなアイディアで描いた

31作品を収めた三ツ星おすすめの短編集。さし絵つき。

普段読書をしないという方にもおすすめできる敷居が低い本。



200802100626000.jpg

こういう表紙です。画像だけです。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

短編集「悪魔のいる天国」星新一

ショートショートの神様こと星新一の短編集。36作品を収録。
日常に潜む「悪魔」を巧みに描く。新潮文庫。

〜合理主義者〜

エフ博士は、金属学者であり考え方が厳格を極めていた。
彼は、いささかの不合理、及びその介入を許さなかった。

ある夜、彼は海岸で意図せずしてアラビアの魔神を助け、
三つの願いをかなえて差し上げると言われた。
だが、前述したように、彼は強固な合理主義者だった。


〜夢の未来へ〜

タイムマシンで、200年先の未来へ行き金儲けを企む博士と助手。
中毒しない合成麻薬、効果が絶大なほれ薬など便利な品物が
陳列されているデパート。だが、二人は当然通用する金を持って
いなかった……。


〜もたらされた文明〜

他の星に行っていた、宇宙探険ロケットが帰ってきた。
彼らは、未だかつてない文明≒悪を持ち帰ってきた。。


〜となりの家庭〜

私の隣の家に夫婦が引っ越してきた。うんざりする位うるさく
騒ぎ立てる暴君とおとなしい妻。ある日、私は余計な首を
つっこんでしまい……。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

短編集「おのぞみの結末」星新一


「おのぞみの結末」

大金を持ち逃げしようと企む男たち。彼らは、ある宗教の
メンバーだった。「メロンライスにガムライス……」この
言葉に反応する信者(男たち)と共に目的は達成できるのか?


「要求」

オレの愛を裏切ったあの女を絶対に殺してやる。
オレは強くそう思っていた。拳銃も用意した。

その時、テレビでUFOの目撃情報が流れていた。
UFOからは、ものすごい悪口が発せられ人類は威信を
かけて攻撃に打って出る。

オチも含めて、流石の内容。おすすめ。
 
「空の死神」

旅客機が非常事態に!スチューワーデスは、乗客に
非常事態を説明し、混乱しないように呼びかけようと
するが、乗客誰一人騒ぎださない。なぜなら、乗客は
全員諸事情から「生きたい」と考えていなかったから
である。

ブラックユーモアあふれるおすすめの作品。


「親しげな悪魔」

どこにでもいる愛想のよさそうなおじさんが実は
悪魔で、三つの願いをかなえてくれると言う。

私は、吟味を重ねながら三つの願いを言うのだが……。

宇多田の「誰かの願いが叶うころ」を連想しました。


など11編を収録。挿絵つき、180ページ。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

SF「時をかける少女」筒井康隆


ラベンダーの香りがする。何故だろう。和子は
懐かしい気持ちになる。そして感じる「運命」の予感を。

和子は、理科室で怪しい人影を目撃。逃げ場がないはずの
空間、しかしそこには誰もいなかった。

不思議なラベンダーの香りがして、和子は意識を失う。
クラスメイトの吾朗、一夫によって助けられる。

不思議な体験から4日後、和子はもっと不思議な体験を
することになる。登校中に、トラックにひかれると感じた
瞬間、気付いたらベッドの上で寝ていたのである。

和子が後に知ることになる驚がくの「真実」とは?。
さらりと読ませる、表題作「時をかける少女」(約100ページ)他
SFもの2編を収録。おすすめ。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

短編集「安全のカード」星新一

「頭痛」

平凡な男が主人公。ある日、手相を見てもらった男は、
「あなたには、他人の苦痛をなおす」才能があると占い師に言われる。

半信半疑だった男だが、どうやら占い師の言葉は本当だったようだ。


「安全のカード」

家にやってきたセールスマンの扱う商品は、「安全」を保障してくれる
カードだと言う。試しに買ってみるか…。

カードの効果は絶大だった。男は、安全を手に入れるのだが……。


「あの女」

主人公は友人から、不気味な女にとりつかれていると相談される。
友人を見て、その見知らぬ女が笑いかけてくるのだと言う。
陰気な女に脅える友人。一緒にいる時に、あの女がいると訴える
友人。そこには誰もいなかった……。

「ポケットの中に」

気付くとポケットの中には、大金が……。

神経科の開業医に相談に来た男は、見に覚えのない現象に恐れ戦く。

神経科医は、真相を突き止めるのだが……。

全16作のショートショート。245ページ。簡潔な文章に、納得の結末。
読書初心者や、本をさくっと読みたい人におすすめの短編集。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

短編集「だれかさんの悪夢」星新一


ある日一人の天才が、裁判にかけられた。
彼の作った装置が、「問題」とされ装置は、
押収されてしまう。彼のすばらしい発明は
なぜ、日の目を見なかったのか?
(問題の装置)

事故にあった男が、病院に運ばれてくる。
医者は、「気力次第」と判断。男の気力を
高めるために、すばらしい「記憶」を
ねつぞうする。(気力発生機)

タクシーに乗った女性。異様に暗い雰囲気
の車内におののく。目的地に着くが、
運転手に無料でいいと言う。尋ねずには、
いられない。「どうして?」(夜の乗客)

結婚、離婚、葬式……。金さえ入れれば、
自販機が面倒な手続きをやってくれる世界。
主人公はひとつの自販機の前に立ちどまる。
<非合法・犯罪セット一式・重複なし>と
そこには書かれていた。(収支)

など47の短編集。おすすめ!
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

短編集「ボッコちゃん」星新一

新一は、ショートショート(短編)を1000作品以上生み出した、
天才作家。ちょっと短い本をさくっと読みたいという方に、
文句なくお薦めできる良質の作品があなたを待っています。


マスターの趣味で作られた、美しいロボットボッコちゃんは、
酒場で人気者になるのだが……、イチオシの名作。(ボッコちゃん)

会社を経営するN氏の前に立ちはだかる女。「殺し屋ですのよ」と
名乗り、ライバル会社の社長の殺人依頼を持ちかける
(殺し屋ですのよ)など、スリル溢れる50篇収録。

著者の作品は、ドラマ「世にも奇妙な物語」の原作になった作品も
多いです。長編も書いていますが、星さんの作品だと、やはり
ショートショートものがおすすめです。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

SF短編集「最後の喫煙者」筒井康隆

くせのある傑作短編集。名作「急流」、「最後の喫煙者」、
問題作「問題外科」、「老境のターザン」など9つの短編集。

「急流」傑作、爆笑系

時間の進み方が、どんどん加速していくという物語。それで
いて、時計はそれに対応するように進むので人々は大混乱。
「時間」という決まりごとが崩壊すると、いろいろな場面で
支障をきたしだす。

ついには、

アナウンサーが「ニュースはありません」と言ったり、
新聞が年刊になってしまったり、
朝トイレに入って、出たらすでに夜になっていたり……

もうめちゃくちゃである。(他にも、実例が山ほどあり笑える。

しかも、この物語のオチがすごい。
読んだあなたは、「そんなばかな」と言ってしまうでしょう。


「問題外科」グロテスク、官能?

医者の倫理観の欠落が叫ばれて久しいが、この物語はそれを
より強調して書かれている。アブノーマルな世界が展開。


「最後の喫煙者」爆笑、ブラックユーモア

ヘビースモーカー作家のわしが主人公。タバコ=悪という概念が
究極的に進み、どんどん喫煙者の肩身が狭くなっていく。

そんなの関係ないと、わしはあの手この手でタバコを集め、
大好きなたばこを吸い続けた。タバコ屋や、喫煙者が過激な襲撃を
受け、遂には死人まで出てしまう。それでも、ワシはたばこを
吸い続けてやる。オチも鮮やかな名作。


「老境のターザン」ブラックユーモア

正義の味方ターザンも老人になり、「冒険」にやってきた
観光客のガイドを勤めるようになっていた。しかし、老境を
迎えた彼が達した領域は、「正義」ではなく「悪」だった。
ターザン(人間)の裏の部分、陰の部分を描いた問題作。

ラベル:短編集 ユーモア
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする