2018年10月08日

小説『砂の女』安部公房

平凡な教師が砂の多い海沿いの集落を訪れる。
昆虫採集が目的で、砂を研究する彼は
新種が発見されやすいハエやハンミョウに着目。
砂地という特異性のあるこの地域では
まだ未発見の生物が見つかるかもしれない。
砂の着眼点は当たり、男は美しいハンミョウを
発見するが逃げられてしまう。
彼は、近隣のおじさんに助言に従い、
集落の家に泊めてもらうことにした。
そこは妙齢の女性(寡婦)がひとりだけいる家。

一日だけ泊めてもらうつもりだった
その家は異常なほど砂まみれになる家だった。
砂を掻き出すために精力的に動かなければ
そのまま人間が埋まってしまうような。
家の中から脱出方法できない量の砂が
家の中に侵食してくる恐ろしい地獄のような場所。

まるで、アリじごくに捕らえられたアリのようだ。
男は、3日分の休暇して申告しておらず
ここから出たいと懇願する。
だが女や集落に住む人間はそれを許してくれない。
集落の者たちの協力ではしごをおろして
もらわなければ家の外にも出られない。
男同様に奸計にはまり、脱出を試みた者は失敗し
命を落とした者もいるという。
集落の民は彼をここに住まわせ住民にしようと
目論んでいた。

彼は女を説得したり、脅したり、時に暴力をふるったりし、
なんとか脱出を試みるのだが……。

どんな過酷な環境でも人は生きられる。
そこには妥協やある種の諦観があっても
人は希望を見いだしそれでも生きていける。

人間の精神性とか、社会に対する批判とか、
マイノリティーの悲哀とか、村社会のこととか、
人間の持つ生臭さとか、あきらめとか…。

もがいたり足掻いた所で足下から世界が崩れ
自分よりももっと巨大な存在にやりこめられる。
やるせなさと共にある種の開き直りによって
生きていこうとする生き物の強さを感じた。
哲学的で難解なので読むたびに新しい発見がある
タイプの名作 新潮文庫
ラベル:安部公房
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 10:35| Comment(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

小説『蠅の王 LORD OF THE FLIES』ウィリアム・ゴールディング

原爆戦争によって、イギリスから疎開した少年たち。

しかし、彼らを乗せた飛行機は南太平洋の島に落下。

生き残ったのは、最高でも16歳ほどの未成年とちびっ子のみ。

彼らは、ラーフを隊長に選び、何とか生き残る道を模索する。

ピギーのかけていたメガネを用い、火を起こし、

篝火(かがりび)をあげることで救助を待つことに。

幸いなことに天敵も見当たらず、

果物が豊富だったこともあり、戦争体験することもなく

結構しあわせな日々を送っていた。

しかし、小さな子供たちが見たという不気味な獣(幽霊とも)

という漠然とした不安。

そして、ラーフと狩猟隊によるジャックとの対立と

深まっていく溝によって、人間の持つ本質(残忍性)が

表面化していく。サイモンが出会った「蠅の王」という

超自然的な存在が象徴する人間性。


残虐性にめざめ、野生化してしまった少年たちは

暴力を正義や正当性に置き換えて、

かつてあったはずの秩序と楽園は崩壊していく…。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

小説『車輪の下』ヘッセ

主人公のハンスは周囲の者がはっきりと認める

天才児であった。

周囲の人々の期待に応えようと大好きな釣りをやめ

先生や牧師の指導で毎日のように勉強。

やすらぎの時間と少年が適度に享受すべき時間を放棄。

プレッシャーを受けながら、試験を受けることに。

「もっとうまくできたのではないか?

 こんなことでは受かりっこない」

と不安に駆られるハンスだったが

難関と言われる神学校に、優秀な成績で入学する。


だが、神学校での生活は規則ずくめであった。

まじめなハンスは、人一倍勉強の虫となり

最も優秀な生徒として校長にも目をかけられることに。

しかし、その代償として偏頭痛を抱えることに。

またハンスは、自由奔放な詩人気質の変わり者

ハイルナーと友だちになるが、我が身かわいさに

ハイルナーの苦境を助けなかったことから

強い罪悪感に苛まれることに。

繊細で傷つきやすいこの少年の心を締め付けていく。

友情を取り戻したハンスだったが、

放埓なふるまいと皮肉交じりの言動をことで

学園で嫌われる(誤解される)ことの多い

ハイルナーとの親交を快く思わない先生、

とりわけ校長の不興を買ってしまう。


勉強だけがすべてでないと悟ってしまったハンスは

本来のトップの成績で神学校を卒業するという目的を

放棄してしまう。

そこまでして友情を選んだハンスだったが

ハイルナーは事件を起こしてしまい学園を去ることに。

親友ハイルナーという精神的な支えをなくしたハンスは

徐々に崩壊していく。


牧師の家庭に生まれ、神学校に進むが脱走し、

「詩人」を志したノーベル賞作家ヘッセの代表作。


多感で傷つきやすい少年の心の葛藤、

友情、恋、仕事、人生観などが語られる名作小説。


校長が示唆している「車輪の下敷きにならないように」

という警句。

そして、ラストのくつ屋のおじさん(フライク)

の言葉が印象的。220ページ。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

名作「いまを生きる」N・H・クラインバウム 白石朗訳 新潮文庫

厳格な校風の名門校に、型破りな教師キーティングがやってきた。


「伝統、名誉、規律、美徳」をモットーにする抑圧的で、

閉鎖的だった学園にキーティングは疑問を呈し、独自の授業を行う。


「もっともらしい学者の名前と架空の説を書けば、大学のテスト

 なんてまかり通ってしまうものだ」と言い切るキーティングは、

文法などの授業は行わず、いっそ情緒あふれる詩でも論じた方が

価値があると熱く語る。

生徒たちは、戸惑いながらも少しずつ彼に惹かれていく。


彼を慕うクラスの有志によって、キーティングが学生時代につくった

秘密組織「死せる詩人たちの会」を結成させたのだが、悲しい事件が

起こった。


テーマは「自由と管理教育の対立」と「青春学園ドラマ」。240ページ

作中には、有名な英米の詩が多数引用されている。


「ありがとう、みんな……ほんとうに……ありがとう」


作品のイメージは、「Thank you」SOPHIAっぽい。←歌詞
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=66350

注……これより下、ネタバレありです。









この作品のよい所は、やはり学園を追放されることになった

キーティングの呼びかけに対して生徒たちが立ち上がる

ラストシーンであろう。


「自由とは何か」を語りかけるキーティングの呼びかけに、

生徒たちは立ち上がり、学校に対して「反対」の意を唱える。

しかし、生徒たち全員が立ち上がるわけではない。

スタンディング・オーベーションのように全員が「ブラボー!」と

叫ぶのではない。


キーティングに賛同する者に対して、「退学させる」と脅しが

かけられている点も含めて、このシーンは感慨深く、同時に

リアリティーがある。反逆、反骨精神を「勇気」と取るか

「無謀」と取るかは、人それぞれであって確かな答えはない。


「ありがとう」っていう言葉のよさを改めて、

考えさせられるおすすめの名作である。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

名作「月と6ペンス」モーム


イギリスの作家サマセット・モームが、口証や想像を交えながら、

画家ゴーガンの波乱万丈の一生を描いたおすすめの名作。


まともな生活を営んでいたゴーガン(ストリックランド)は、

40歳の朝ふらりと家を出てしまい、そのまま戻ってこなかった。

語り手であるぼくは、ゴーガンの奥さんらに頼まれて、ゴーガンに

戻ってくるように説得を試みるのだが取り付くしまがない。


ゴーガンの絵は、おせじにもうまいと言えるような代物でなかった。

何よりも、何を書いた絵かさえわからなかった。


ものすごく貧しい生活をしながら、「ずっと絵書きになりたかった」

と告白するゴーガン。彼は、偏屈で天邪鬼で、傲慢で、わがままな

典型的な「ひとでなし」として書かれているものの、その精神力には

目をみはるものがある。


ゴーガンは、作家であるぼくや、おひとよし画家であるダークと

交友を深める。ダークは、唯一ゴーガンは天才だと見抜いていた

男であり、彼のことを大きく買っていた。ゴーガンには、辛らつな

言葉ばかり投げつけられていたのだが……。


ある日、ゴーガンが重体に陥り人のよいダークは、彼を自分の家に

泊めてやることにするのだが……。


生前全く認められなかった有名な画家というのは、驚くほど多い。

ゴーガンもその一人である。物語の中で、例えば200フランで

ゴーガンが半ば強引に「お礼」にと押し付けた絵が、後に

30000フランで買われている。捨てることができない家の奥さんが、

屋根裏部屋に放り込んでいなければ、この絵はどうなってしまったで

あろうか。


最終的にゴーガンは、タヒチの島のまさに「エデンの園」のような

楽園で病気にこそかかるものの、島でその波乱万丈な生活を終えた。

関わった人に多大なる迷惑をかけたこの天才は、時に人々を感動させ

時に「ひとでなし」となじられ、時に人に愛された。

ゴーガン(ゴーギャン)の絵
http://www.artofposter.com/myweb1_023.htm
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

芥川賞「蛍川」宮本輝

芥川賞受賞作「蛍川」と太宰治賞作「泥の川」を収録。

「泥の川」

戦後の復興間もない頃の話。

人の死は身近だった。

昭和30年頃の大阪を舞台にして、少年信雄は船に住む

姉弟と友達になるのだが……。


「蛍川」

竜夫は、父が50をすぎてこどもを諦めたときにできた子だった。

父重竜は、戦後の復興に乗じてのし上がったいわゆる事業家であり、

20年連れ添った女房を捨てて、こどもができた千代といっしょに

なったのだった。


時は流れて、竜夫は中学生になった。

重竜が体調を崩してしまい、千代と共に今後のことを考えなくて

はいけなくなる。竜夫は恋をしていた。親友も同じ相手に恋を

していることを竜夫は知る。


すごくいい作品です。ラストの蛍を観に行く所も見所ですが、

やはり男同士の「友情」を描いた2つの場面がイチオシです。

こういう友を持ちたいものです。おすすめの文学作品です。感動。

posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

名作「潮騒 しおさい」三島由紀夫


美しい島、純朴でまっすぐな人たちは、海における資源と贈り物に
感謝しながら生きています。貧乏だが、男らしく素朴、たくましい
漁師の青年と、清らかで純潔な美少女の恋を圧倒的な描写力で描いて
います。

それは、古代ギリシャ人が理想とした完璧なまでの美しさ。ちょっと
気恥ずかしくなるほどにに美しい小説で、登場人物のほぼ全員が善人というストーリーは、かえって斬新であり類をみません。

爽やかな読後感を残す、三島作品を代表する一冊と言えます。

海の持つ美しさと、怖さや、小さな島で起こる人間ドラマを巧みに
描いていて、「流石」と息を呑んでしまいました。

モンゴル800の「小さな恋の歌」を思い出しました。

同著のおすすめ本は「金閣寺」、「仮面の告白」、「宴のあと」、
「葉隠入門」。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

名作「罪と罰」ドストエフスキー



名だたる世界の名作の中で、ずば抜けて面白いです。
     
金貸しの老婆を殺し、その罪の意識から悩み、恐れ、苦しみ
もがく青年ラスコーリニコフを描いた名作中の名作。
     
ずば抜けたストーリーの巧みさ、人物配置の巧みさ、
友情、愛情、家族愛、儚さなどが凝縮され、洗練された
この本を読めば、普通の本を100冊読んだのと同じ位の価値が
あります。

文学的な名作を読んでみたいという方は、この本が絶対おすすめ。
難があるとしたら、上巻490ページ、下巻480ページと長いことと、
登場人物たちの名前を覚えづらいことですが、それに目をつぶって
いただければ最高の作品と言えます。マイベスト10に入る作品。

ヒロイン(ソーニャ)が魅力的な作品でもあります。

「あなたが汚した大地にキスをしなさい」(ソーニャの名言)
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

名作「人間失格」太宰治 小畑健


太宰治の代表作であり、問題作としても有名。

有名なセリフ。
「恥の多い生涯を送ってきました」

自己の悲しく・卑しい「正体」を告白し、読者の心を
揺さぶった名作小説。太宰治の持つピュアな部分と、
不器用な部分を巧みに描き、読む人の心の琴線に触れます。

太宰に「共感を覚える」と未だに多くの人々に読み継がれる
大ベストセラー。

「DEATH NOTE」(デスノート)の小畑健さんが表紙を描き、
夢のコラボとして話題に。作品に流れる、殺伐とした
雰囲気には、「デスノート」に通じるものを感じます。

短編。文学初心者におすすめの一冊です。

同著としては、「斜陽」、「お伽草紙」、「津軽」、「女生徒」
「グッドバイ」、「走れメロス」などもおすすめです。

「斜陽」………没落していく貴族を描いた物語。
       「人間失格」が好きな人に、強くおすすめします。
       関連語:「斜陽族」(斜陽の熱烈なファンのこと)

「お伽草紙」…井原西鶴の作品と、昔話を題材にした短編集。
       イチオシです。

「津軽」………献身的な愛について書かれた名作。


「走れメロス」名言「メロスは激怒した」
        
       人を信じられない王に反論したメロスは、
       死刑を言い渡される。メロスは用事を
       はたすまで待ってほしいと直訴したら、
       友人を人質にとられる。メロスが戻らなけば、
       代わりに友人が殺される。メロスは、走る。
       自分を信じて、待ってくれている友人の為に。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

名作「フランケンシュタイン」シェリー



フランケンシュタイン博士によって、死体から作られた
怪物は、その不幸な容姿から博士を恨み、復讐するという物語。

陳腐な俗っぽい内容ではなく、読み応えのあるすばらしい小説で、
いわゆる「怪奇物」とは一線を画す文学的な小説。

ホラー、オカルトというよりも、人間の不条理、悲哀、業などを
描いた名作。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

爽快「坊っちゃん」夏目漱石


親譲りの無鉄砲な性格で、いつも損ばかりしている。

一本気で、痛快な好人物「坊っちゃん」が赴任先の
松山で、中学校の先生として奮闘する物語。

・「勧善懲悪」的なわかりやすい物語である。

  「正義」の坊っちゃんと、山嵐が、
  「非道」な赤シャツ、野だいこに
  鉄拳制裁を加え、成敗する。

  →坊っちゃんたちの持つ正義は、
   「くもの巣にかかっていた虫がかわいそうだと
    肩入れして助けてしまう」ような正義

  →赤シャツが、「こんな奴いるよなぁ」という
   典型的な卑怯な奴で、やっつけがいがある。 

  だからこそ、清清しい。


・下女、清の坊っちゃんへの献身

  坊っちゃんのことを何かと心配する清。
  坊っちゃんは、清の溺愛に感謝し、おみやげを
  買ったり、最終的にいっしょに暮らすことにする。


・漱石(坊っちゃん)自体は「松山」のことをほめていない 

  松山市と言えば、「坊っちゃん」の地として有名だが、
  作品中で、坊っちゃんは「松山」を不浄の地だと言って
  けなしている。稚気のすぎる学生たちによる、つまらない
  いたずらや、言動に対して心底うんざりしているようだ。

  実際、坊っちゃんは作中、「山嵐」とのみ喧嘩の末、
  仲良くなっただけだ。人に恵まれず、水になじまなかった。
  「住めば都」とならなかったのは、坊っちゃんの器が
  大きすぎるからか、坊っちゃんがこどもっぽすぎるからか?  
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

名作「地獄変他 おすすめの芥川龍之介15作品」



↑前期の傑作を集めたおすすめの一冊。

杜子春  
 読後感のよさと内容のすばらしさは、ピカイチ。
 よく「杜氏春」と間違われる。

芋粥   
 ぱっとしない男が、「おなかいっぱい
 芋粥食べたい」とつぶやいたことから
 始まる物語。男の、おどおどした様子と
 不思議な世界観が魅力的。

蜘蛛の糸 
 地獄におち、血の海で苦しむカンダタの
 前に一本の糸がたれてきた。
 題材としておもしろいが、カンダタは
 極悪人。生前相当悪いことをしている。
 何故、お釈迦様はカンダタにチャンスを
 お与えになったのか疑問が残る作品。
 それが慈悲というものかも知れないし、
 お釈迦様なりの意図があるのかも……。

地獄変  
 これはすごく興味深い作品。人間の
 エゴ(身勝手)を飾りなく描いている。
 主人公二人が、どちらも悪い奴らで
 基本的に救いのない作品。二人とも
 地獄に堕ちたのかなぁと思わせる。
 反面教師的な作品。

仙人   
 「仙人になりたい」という男が努力の末に
 つかんだものとは…。一途な男と、その想いを
 利用する悪人を対照的に描いた傑作。実際問題、
 この作品ような男は、新興宗教にひっかかる。

トロッコ 
 トロッコに乗せてもらった少年の心細さを
 巧みに描いた傑作短編。家に帰れないかも
 しれないという子供の頃に、漠然と感じた
 不安感が思い出されます。

藪の中  
 芥川作品の中でも、最高傑作と言われて
 いる物語。読むたびに感想が変わる難解な
 作品。真実は、藪の中。

蜜柑   
 柑橘系が発するような爽やかな短編。
 電車の中で、鬱屈とした気分を抱えて
 いた男が、乗り合わせた垢抜けない少女の
 行動によってやさしい気持ちになる物語。

羅生門  
 読むたびに、すごいとうならされる名作。
 一切、無駄のない完璧な作品。
 羅生門の殺伐としたたたずまいと、
 下人・老婆のセリフの秀逸さが光る。
 ラストの一文の含む闇の深さにクラクラ。

奉教人の死 
 作品に流れる切なさが好きです。   

河童   
 精神を病んでいたから河童を見たのか、
 河童の世界を見たことによって精神に
 異常をきたしたのか、本当に河童を
 見たのか…、興味はつきない。

鼠小僧次郎吉 
 ラストが印象的な作品です。
 芥川っぽくない作品ともいえます。

鼻    
 人間は、複雑だなぁと思います。

開花の殺人 
 世に知られた立派な人物が遺書に
 よって、公にする「殺人」。

魔術   
 すごく共感・納得できる作品です。
 魔術を教わった主人公はよくにかられ。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

名作「こころ」夏目漱石


海で出会った「先生」から告げられる衝撃の過去。
先生のしてしまった過ちとは。

日本文学の祖である夏目漱石の代表作「こころ」は、
どんなに時が経とうと色あせることのない名作中の
名作です。人間らしさとは、罪を感じるから成り立つ
のだと切なくなりました。ミステリーの要素も併せ持つ
本著は、日本人が大切にしなくてはいけない必読の書。


posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芥川賞「死者の奢り・飼育」大江健三郎




死体処理室の水槽で浮沈する「物体」と化した元人間。
彼らは、医学生の実習のために、今日も地下室で漂う。

アルバイトとして、僕と女子学生は、処理室の管理人と共に、
死体の移動する。グロテスクな内容でありながら、
突出した表現力と作品に漂う虚無感が印象的(死者の奢り)。

戦時下の山村で、黒人兵が捕まった。捕まえた者と、
捕まった者、どちらも恐怖を抱えながら物語は進んでいく。
そして、衝撃的なラストを迎える。芥川賞受賞作(飼育)

他4編を含む全6編。250ページ。難解、玄人向きの内容。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の名作「変身」フランツ・カフカ

宮的作品世界を構築した作家。難解。約90ページ。

両親と妹を支える一家の担い手であるセールスマンの
グレゴール。ある日、気懸かりな夢から覚めた彼は、
自分が巨大で不気味な毒虫になっていることに気付く。

夢なら覚めてほしいが、どうやら現実のようだ。
その場をしのぎ、ごまかそうとする彼だが、結局家族に
ばれてしまい、まるで腫れ物のように扱われる。

グレゴールは、人間に戻れず、怪物のままだ。
しかし、知識や思考が止まったわけではない。
彼は、自分の意思を伝えようとするのだが、
その容姿のせいでうまくいかない。

その姿に、家族は慣れることがないし、どんどん
厄介な存在であることが明白になっていく。

憂鬱。絶望。
幸せだったはずの家族に、不幸な運命が降りかかる。

グレゴール自身もそうだが、家族も少しずつ疲弊を始める。

ささくれ立っていく心、見えない光明の中で彼らは何を思うのか。


非現実的な悪夢を、リアルに鋭く描いた名作小説。

何が怖いって、グレゴール自身は、平静時と同じように、
思考していますし、圧倒的な無力感に傷ついている点です。

グレゴール自身は、家族のことを思いやる好青年であり、
妹の将来など怪物になってからも真剣に考えているのです。

「伝わらない想いや言葉は、どんなに優れていても無力」です。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする