2008年04月20日

小説「天きり松闇がたり 闇の花道」浅田次郎


夜の留置場に現われた謎の老人「天きり松」。

彼は、何を隠そう天下の大泥棒にして義賊として
尊敬を集めた「目細の安吉」一家にいた。

六尺に四方にしか聞こえないという夜盗の特技
闇がたりによって、今夜も大正ロマンの幕があがる。


「闇の花道」

9歳の松蔵は、ある日父のてびきによって「安吉」一家
と出会い、その一員となった。安吉は、極道界の大親分
銀次が、拘留中に留守を任せられるほどの器量の
持ち主であり、その実力は「官」ですらお墨つきを
与えていた。銀次が、放免となったその日事件が起こった。

筋を曲げない、潔い安吉の器の大きさに注目。

安吉……親分。中抜きが得意。
       →財布から現金のみを抜き取り、財布を戻す。

銀次……大親分。2000人の手下がいて、大時代的。古い任侠。


「槍の小輔」

山県有朋卿のお宝の「金時計」を盗んだ安吉一家のおこん。
蛇蝎のごとく嫌われていた有朋卿の悲哀と、おこんとの
「恋愛」をからめて描いた物語。盗んだつもりが盗まれて。

「盗みは小手先でするもんじゃござんせん。心意気で盗るもんだ」

おこん……美女。啖呵を切る姿がかっこいい。振り袖おこん。
     ゲンノマエが得意→正面から盗み取る。
     

「百万石の甍(いらか)」

百万石の家の妾の子英治は、松蔵が目標にしている兄貴分。
英治は、貧乏長屋の一本木な棟梁の息子として育てられ、
現在は安吉一家にいる。そんな英治に、100万石の花清から
「家に戻ってくれないか」という勝手な了見が告げられる。
英治は、見事な意趣返しを行い、この世には血よりも濃くて
大切なものがあることを知らしめる。

英治……筋を通す一本木の性格は、血よりも濃い父譲りの職人気質。
    人に媚びず、へつらわず、口数少なく、嘘はつかない。
    シャツの袖口、足袋の裏が常に真っ白という男の中の男。
    黄不動の異名を持つ。得意技は、「天切り」である。
    →瓦をおっぱずし、天上裏から忍びこむ。

「白縫華魁(しらぬいおいらん)」「衣紋坂(いもんざか)から」も
収録。一作50ページほどで、計250ページ。心意気、粋、いなせ。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:30| Comment(1) | TrackBack(0) | すごくおすすめの短編・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして☆
天切り松闇がたり、読みました。
江戸弁がかっこよすぎですよね。
記事リンクさせていただきました。また訪問させていただき
ます。

→コメントありがとうございます。
 登場人物や、作り上げられた舞台観が
 好きです。
Posted by 国土交通大臣 at 2008年05月06日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック