2008年03月29日

「ドラクエの話をするよ!」

今回は、何の脈絡もなく「ドラクエ」の話をするよ!

あと、ブログを大幅リニューアル中です。

花揺れる春だからです。まぁ単なる気まぐれです。


「ドラゴンクエスト3」

世界一おもしろいゲーム。プレイ時間はおそらく1000時間位。

ゲームの完成度の高さには、目をみはる。ラスボスゾーマの

強さはシリーズ最高であり、ストーリーも世界観も文句なく好き。

すばやさ255の戦士やら、元賢者の女武闘家・男戦士なんかを

増殖してあるデータは宝物。勇者が本当に強い所や、賢者の能力の

高さには驚きである。スーファミ版ではなく、ファミコン版が好き。

父(オルテガ)が、パンツ一丁で登場した瞬間は実に感慨深い。

春だからなぁ……。遠い目。

ムダなアイテム「ぬいぐるみ」とか「みずでっぽう」

「あぶないみずぎ」には妙味あり。

200803161134000.jpg



「ドラクエ5」

ストーリーもおもしろいし、倒したモンスターが仲間になるという

のは最高のシステムだと思う。結婚システムもおもしろい。

フローラと結婚した方がお得な面も多いが、やはり幼なじみの

ビアンカと結婚するのが気持ち的にもストーリー的にも正しい!

スーファミ版はモンスターを50匹まで仲間にできるという制約が

あるが、プレステ版は3匹ずつ(1匹しかできないものもいる)仲間に

できるのは本当に嬉しい。その分負担が大きい気もするが……。

ちなみに私は200匹位仲間にした。プレイ時間は450時間程度。

スーファミ版は、多分累計だとそれ以上。

好きなのは、ホイミスライムのホイミンとスラッポ。あとロビン。


「ドラクエ4」

ストーリーとキャラを重視した作品。章ごとの主人公たちと、

勇者が出会う様は感慨深いものがある。プレステ版では、

アリーナが弱体化されていて、ちょっとムカついた。

ファミコン版のクリフトは、なんかザキばっかり使うから嫌いだ。

あとブライ唯一の重宝呪文「バイキルト」もAI(コンピュータ)が

使ってくれないから、ブライとトルネコが本当に使えなくて笑える。

プレステ版は、なかなか凝っていて異色版としては5といっしょで

成功例と言える。早解きした際につく称号は嬉しい。

だが逃亡回数なども表示されてしまうので、

モンスターから逃げにくくなるというマイナス面もある。


3章で、トルネコの冒険はじめにモンスターがズラッと出た、

ゲームチューニングのネイルスイート(爪の甘さ)には、

ちょっと腹がたった。


4の「移民の町」や、3・5の「すごろく」の煩わしさには閉口する。

→あったらあったで、やらないと損した気分になるといういわゆる

 「不自由な選択」を強いられる気がする。

どんなゲームにも「ここがこうだったらなぁ……」的な要素はある。

その点、それが全く見当たらないドラクエ3は本当に秀逸だと思う。

ユーザー(プレーヤー)には、サービスのつもりでつけたミニゲーム

やら特典は、時に邪魔な要素にもなるという典型である。


まぁ、ドラクエは8作とも文句なく名作でしょう。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック