2008年03月23日

「加齢なる日常」

「ヒマだ」。職場というのは、3時間休憩なしのぶっ通しで

働かなくてはいけない時もあるが、反対にやることなくて

手持ちぶさた、物思いにふける時間もまた多い。


私の職場は、なぜか異様に暑く、冬なのに27〜28度もある。

それでいて、「環境」とか「エコ」を謳っているんだから

へそでTEAを沸かしちゃう。しかも私は暑がりなので、

3月にもなると「エアコンいらないんじゃないの?」と思って

しまう。部屋のエアコンは、夏を含めて5回位しか使わない。

今年は雪が降った日だけ使用している。

エコでもケチでもなく、必要性をたまにしか感じない。

でも、日本一暑かった日(去年の8月13日頃)は生命の危機を

感じてエアコンを使用。「30度」設定で十分涼しかった。

その日は40度超えたのには、本気で驚いた。埼玉の八木橋に

テレビ局が来ていて笑った。



幼少時代、いわゆる古い家に住んでいた私にとって

寒いのは苦手ではないが、暑いのは苦手。受験の時も、

受験会場やセンター試験の会場が暑すぎて頭がボーっとしたものだ。

やはり、浜風と潮風吹き荒れる北海「埼玉」で育っただけあって

寒いのには強い。あまり、ヒマなのでトイレにでも行こうか。



トイレに行ったら、個室の方に先客がいて驚いた。

しかも、うら若き乙女だ。

春は変な奴が多くて困る。

彼女は言う。

「電気を大切にね!」

うん、たしかにそうだね。

トイレのウォシュレットの強度が、「最高」になっていて

ものすごい水圧のがきた。まさに、ビックウェーブだ。

10年前位にはじめて使ったときは、変な違和感持ったけど、

今じゃ当たり前に使っている。でもこれ、「本当に必要?」

私が言っているんじゃないですよ。

でんこ(♀ 既婚)が、そう言ってるんです。


あまりヒマだから、会社の社則だの経理状況だの、クレーム対応だの

を鼻歌まじりに見ていたら、上司の駆動しずかさんに軽く叱られた。


「勝手にしやがれ(ジュリー)は職場的にダメ、SMAPのにして」


いや、SMAPはあんまり好きじゃないから、すいません。

ミスチルとかスピッツにするんで。許してください。


駆動さんは、工藤静香に雰囲気が似ているバリバリのキャリア

ウーマンだ。そこはかとなく似ている。まぁスタイルは似ている。

彼女が書類を整理、入力する姿は圧巻です。まさに前輪駆動!って

意味わからん。ホントは、八面六臂の大活躍。あしゅらのようだ。

尊敬しています!


こう言っておけば、仮に本人にブログの存在がバレても大丈夫。

おっと、つい本音が。


そういえば、ロードオブメジャーの曲はいいのが多いけど、

どうもボーカルの声はところどころというか全般的に

「ルートから外れている」気がする。

どちらかというと、土地勘のない群馬の山道を走っているような

印象を受ける。←わかりやすいようなわかりにくいような喩え。


あと、この日記の内容も、ところどころ脱線したり、話しが

飛んでいるように感じた。


あっ、題名が「大切なもの」じゃないか。

うーん、

「電気は大切にね!」

違う、おまえじゃない。

と、「耳をすませば」調に否定。

裏を返せば、好きってことです。

大切に思っているということです。

あれって、ツンデレもといツンデレラだ。


あと、電気も盗めば捕まります。

はじめて、捕まった人は何と直接電線から盗んでいました。

その後、法整備(法で制定)されて、「電気」も「物」と認識

されるようになったのでした。


電気・電気イス・でんきち;電撃ネットワーク・でんこ・電子分解

……。まだまだ、ヒマな時間が続きそうです。


そう思って油断していたら、FAX送り状が35枚(普段は10枚程度)

もありました。ホント、頭の中に音楽流しながらじゃないと

ちょっと苦痛感じるレベルです。まぁ書くこと自体は好きです。

そんでかなり頑張って書いたのに、送り先から「遅い」と理不尽に

怒られた。その送り先には普段の3倍分くらい送ったのだから、

そういうことを斟酌してほしいのだ。想像力働かせてほしいものだ。

遅くもなるわ!書類とか広辞苑くらいあったんだぞ。


大切なもの。それは電気と、納期(締め切り)。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック