2008年03月15日

「花揺れる 春なのに」

季節の変わり目は、店舗の変わり目・安売りの季節だと、

着るものを物色してきました。


まぁ無難にアウターなどを買ったり、来季に備えて冬物セール商品を

買ったりしました。新作は、まだ高いからいいやと、

セール商品を見ていたら「インパラ」ってメーカーのシャツが

「100円」でしてね、安いなぁと思って買いました。


安い理由は、クビ元の辺りが日焼けしてましてね、シャツの価値が

ドル並に急落したようです。こういうのは、犬の散歩の時とか重宝

するので必要ですし、あんまり気にならないのでいい買い物です。


でも、勝手はみたものの「なんか着ないなぁ……」って服って

ありますよね。安物買いの銭失い。できたら、宮部みゆきさん風に、

安物買いの銭失わずといきたい所ですが、凡人ニセ安寿にはムリ。

店の音楽とか、雰囲気にやられちゃったたりして。


そういうのは、いっそ兄弟・姉妹とか友人とかにタダで

あげちゃった方がいいかもしれませんね。まぁ、よくある話として

親あたりがなぜか着ていたりして、なんとなく自分のセンスが

汚された気がするものですが、それもまた一興。


近所のおばさんが、中学生のジャージとか着ているのを見ると

「歌や詩になれない」&「言葉にできない」感情を抱いてしまうのは

私だけでしょうか?


今日は、梅の花が咲いていてきれいでした。白・ピンク・紅梅……

鮮やかでしたね。夢かなって、志望校に合格できた方も、

サクラチル……をいつかの安寿のように体験した方も、いつか

同じように笑って春という季節を受け入れられる日が来ることを

祈って……。落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。


「ある夢が叶わなかったら、また別の夢を探せばいいじゃないか」

恩師の言葉は、今でもこの胸の中にあります。

勝ちっぱなしの人生に、深い味わいが生まれるわけはない!(はず)
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック