2008年03月14日

直木賞「GO」金城一紀


主人公は、在日韓国人という「肩書き」のせいで、

いろいろな「壁」にぶつかります。


一番の壁は、作品のテーマである「恋愛」です。


しかし、「肩書き」や「名前」なんて所詮は呼称にすぎません。

主人公は、この「壁」をぶち破るために立ち上がります。


スピード感があって、主人公の生きる姿勢に好感を持つ作品です。

特に高校生におすすめの作品です。直木賞。映画もおすすめです。


いつだって、自分の道を切り開いていくのは「意志」の力です。

文章は正直拙いけど、だからこそ胸に響く部分があります。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 22:08| Comment(1) | TrackBack(1) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

>コメント、トラバありがとうございます。
Posted by 藍色 at 2009年09月18日 13:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

GO 金城一紀
Excerpt: ある日僕は恋に落ちた。彼女は可愛らしい日本人だった。 第123回直木賞受賞の感動青春恋愛小説。 付きまとう差別。突き破るエネルギー...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-09-18 13:44