2008年03月09日

直木賞「空中ブランコ」奥田英郎


団員のあいつは、オレのことを受け止めてくれない」

疑心暗鬼にとらわれた、空中ブランコ師の山下は、

精神科医の門をたたいた。


しかしそこにいたのは、精神年齢が小学生のような男伊良部と、

変にセクシーで愛嬌のない看護婦だった。


「イン・ザ・プール」に続く、伊良部シリーズの第2弾。

サーカスの花形である空中ブランコ師のために、伊良部が

ひとはだ脱ぐかと思わせて、ちゃっかり「空中ブランコ」に

挑戦したりして楽しんでいます。あれ?山下の治療は……?

「これで本当に精神科医?」という不安を抱いていた山下

だったが……。


他に、先端恐怖症のヤクザをユーモアに描いた「ハリネズミ」など

短編全5編を収録した爆笑のおすすめ短編集。直木賞。

肩の力が抜けていて、気楽に読める一冊。

同著「イン・ザ・プール」、「マドンナ」もすごくおすすめです。
http://book0001.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%9C%93c%89p&vs=http%3A%2F%2Fbook0001.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑える・楽しい・爆笑できる本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック