2008年03月06日

絵本「ぼくへそまでまんが」矢玉四郎

ぼくは、はたけやまのりやす。三年三組。あだなは十円安。

この間、ポケットの中に妹のパンツを入れたまま小学校に

行ってしまい、「えっち」とか「へんたい」とか言われた。

とてもはずかしかった。

200803070733000.jpg


でも、ぼくはそれをあえてマンガにして書いてみた。


ぼくのマンガはおもしろいと、みんな笑ってほめてくれた。

これに気をよくしたぼくは、次々とマンガを書いた。

もっとも、ママだけは勉強しなさいと怒っていたけど……。



ある日、ぼくの周りで不思議なことが起こりはじめた。

そう、まるでマンガのような不思議なことが起こりはじめたんだ。


さし絵・完全ルビ付き。読書初心者におすすめの「はれぶた」

シリーズ4作目。



posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童書・絵本・はれぶた・バッテリー・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック