2008年02月19日

「お笑い関連 鳥居みゆきはクルのか?」

録画したレッドカーペットを家族で、昨日半分くらい観た。

今のところ、狩野とNON STYLEがすごくおもしろいと思う。

ひげ男爵は、めきめきと実力を挙げていたし、一曲目以降

不発だったムーディーが爆笑をさせてくれた。

そして、やっぱり「くまだまさし」がいろんな意味ですごかった。


さて、今回は眞鍋さんがブログで取り上げていた鳥居みゆきである。

彼女は、前回のレッドカーペットや、最近のエンタに登場するなど

「ウメ」(紙しばいコントをする人)と並んで今私がもっとも

注目している芸人の一人である。彼女は、中島みゆきの名曲に

乗りながら、ネガティブ系のコントを繰り広げる。

高身長から繰り広げられる「ヒットエンドラン」ネタは、

完全に私のツボであり、DVDのマイベストには当然コピー済み。


クル(売れるか)どうかは、はっきり言ってわからないが、

売れても売れなくてもあの芸風を貫いてほしいものだ。


あと、もうそろそろオンバト(爆笑オンエアバトル)の

チャンピオン大会があるのでそちらも楽しみです。

私は録画しているのですが、録画してみている方は録画時間に

注意しましょう。途中で切れたら、生殺しですからね。


タイムマシーン3号、トータルテンボス、磁石(出場未定)、

ラバーガール、ウメ(出場未定)、流れ星あたりに注目しています。


あと、この間「波田陽区」がエンタに出て「さだまさし」ネタで

出演していましたが、なんか今ポッと出のエンタ芸人たちとの

レベルの違いを見せてくれました。やっぱり上手いわ。

今エンタに毎週のように出ていて、「おもしろい」と思えるのは

「にしおかすみこ」位だから、できたらカムバックしてほしいです。


だって先週は陣内、にしおか、いつもここからは文句なく

おもしろかったけど、一部の芸人よりもCMの方が当社比5000%位

おもしろかった。まぁ、某番組の「囲い込み」の弊害でもある。
ラベル:お笑い 日記
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック