2008年02月16日

児童書「ズッコケ家出大旅行」那須正幹 絵高橋信也


ズッコケ三人組が「そうだ大阪行こう」と思い立ち家出します。

そして、ホームレス小学生になるというシリーズ第42弾。

さし絵・ルビ付き。読書初心者におすすめ。


ズッコケシリーズは、だいたいハチベエの思いつきが

起点となりますが、今回家出のきっかけを作ったのは、

ハカセです。彼は、母親から一方的に塾で勉強するように

言われ、それに抗議する形で家出を思いつきます。

また、モーちゃんも姉から受けた仕打ちに対して怒りを

おぼえ、ハカセといっしょに家出をすることにします。

食べ物のうらみは、根深い。

二人は、秘密を守れそうにないハチベエには家出の話を

しないことにしました。でも、勉強はできないけれど

勘だけはするどいハチベエは二人の挙動不審に気付きます。

「家出をする悩みなんてなさそう」と言われたハチベエは、

なんとなく負けた気になり、家の手伝いに対する報酬が

ないことに対して怒りを表明。三人は家出準備をします。


そして彼らは、広島から大阪への大旅行に旅立つのですが……。


春は家出の季節。

作品は後期ズッコケシリーズを代表する傑作であり、

社会問題を題材にしたなかなか興味深い物語です。読後感も○。

帰れる家(HOME)、帰りたい家があるのっていいよねって話です。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ三人組 読書初心者におすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック