2008年01月03日

短編集「悪魔のいる天国」星新一

ショートショートの神様こと星新一の短編集。36作品を収録。
日常に潜む「悪魔」を巧みに描く。新潮文庫。

〜合理主義者〜

エフ博士は、金属学者であり考え方が厳格を極めていた。
彼は、いささかの不合理、及びその介入を許さなかった。

ある夜、彼は海岸で意図せずしてアラビアの魔神を助け、
三つの願いをかなえて差し上げると言われた。
だが、前述したように、彼は強固な合理主義者だった。


〜夢の未来へ〜

タイムマシンで、200年先の未来へ行き金儲けを企む博士と助手。
中毒しない合成麻薬、効果が絶大なほれ薬など便利な品物が
陳列されているデパート。だが、二人は当然通用する金を持って
いなかった……。


〜もたらされた文明〜

他の星に行っていた、宇宙探険ロケットが帰ってきた。
彼らは、未だかつてない文明≒悪を持ち帰ってきた。。


〜となりの家庭〜

私の隣の家に夫婦が引っ越してきた。うんざりする位うるさく
騒ぎ立てる暴君とおとなしい妻。ある日、私は余計な首を
つっこんでしまい……。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック