2007年12月23日

短編集「夜離れ よがれ」乃南アサ


ホラー短編集。6人の女性の物語。

乃南さんの作品らしく、ホラーテイストと作品が多い。
ちょっと毒々しいかもしれませんが、おすすめの小説。


「4℃の恋」 

 そこはかとない「怖さ」と「不気味さ」が漂う作品。
 看護婦の主人公が、徹底的に冷徹に「目的」を遂行
 していく様子を描きます。

「祝辞」

 これは、ブラックユーモア的な要素が強い作品。
 
 新しい恋人ができた主人公が、女友達に彼を会わせて
 恋人としてOKかどうかを見立ててもらうことにします。

 僕は、結構こういう作品好きです。おすすめ!

「青い夜の底で」

 スターとの「日陰の恋」。私は、ずっと影のように
 彼に寄り添い、彼を支えてきた……。はずだった。力作。

「髪」

 髪こそ私のアイデンティティであり、自己証明と言い出し
 そうな主人公の物語。こだわりは時に、ホラーを生みます。

「沈香」
 
 彼の枕の香を嗅いだ私は……。
 静かな殺意が怖いストーリー。

「夜離れ」(よがれ)

 比佐子は、何となく始めたホステスという仕事にやりがいを
 持ち、現在に至る。結婚願望が生まれた彼女は、人と同じ
 ような幸せを探していたのに……。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー・怪談小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック