2007年12月21日

名作「フランケンシュタイン」シェリー



フランケンシュタイン博士によって、死体から作られた
怪物は、その不幸な容姿から博士を恨み、復讐するという物語。

陳腐な俗っぽい内容ではなく、読み応えのあるすばらしい小説で、
いわゆる「怪奇物」とは一線を画す文学的な小説。

ホラー、オカルトというよりも、人間の不条理、悲哀、業などを
描いた名作。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の 世界の名作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック