2007年12月20日

短編集「終末のフール」伊坂幸太郎


「8年後に巨大な隕石が地球に衝突し、人類が滅亡する」
というSF小説。人々は、暴動を起こしたり、自殺したり、
秩序が崩壊するも、あと3年で隕石が衝突という
カウントダウンを前にして、不思議と街は一定の秩序を
取り戻した。太鼓判を押す、おすすめの8つの短編集。
「容疑者Xの献身」と並んで、イチオシの本。280ページ。


「篭城のビール」イチオシ

報道の自由によって、妹と母を殺された兄弟は、
彼らの幸せを奪った男を殺す為にアパートに篭城する。

事件の被害者家族を襲う悲劇と、ギリギリの攻防、
罪の意識を描いた傑作。号泣、感動系の物語。


「鋼鉄のウール」イチオシ

キックボクシングにまい進する、二人の男の姿を描く。
かっこいい物語。世界が、混乱している今こそ強くなる
チャンスだと言い切る男の愚直さとあり方とは。
潔い生き方は、やはり胸を打つという好例の物語。

名言:「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
   「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの
                 生き方なんですか?」


「演劇のオール」イチオシ

私は演じる。おばあさんの娘を。妹の姉を。
二人の子供のお母さんを。犬の飼い主を。

家族って元々、他人なんだしいっそみんなで
家族になろうかっていう物語。


同著「重力ピエロ」がおもしろかったので、読んでみたの
ですが、期待以上の内容でした。印象に残るフレーズとか
言葉を紡ぐのに長けた作家だと思います。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめの短編・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック