2007年12月16日

絵本「ヒッコスでひっこす」矢玉四郎

ぼくは、畠山則安(はたけやまのりやす)。あだなは十円安。
あさ、へんなお客さんがやってきた。アナホリ会社の社長だと
名乗って、ぼくの家の下にバクダンがうまっていると言うんだ。

このままだと、いつばくはつするかわからないと言われて
ぼくたちはこまってしまった。しかし、社長は家ごとそっくり
このまんま運べる新発明のロボット「ヒッコス」があるから、
だいじょうぶだと言う。ぼくたちは、「ヒッコス」を使って、
木の上や、川の家、土の下、水の中、飛行機の上、新幹線の上、
雲の上、北極、星などに、ひっこしをする。ユニークな物語。

ルビが完全にふってあり、漢字が読めなくても安心して楽しく
読める内容に仕上がっています。はれぶたシリーズ。
読書初心者におすすめ。

はれぶたシリーズ:おすすめの絵本シリーズ。おもしろい。

「はれときどきぶた」↓コチラをクリックしてみて下さい。http://book0001.seesaa.net/article/74450683.html

「あしたぶたの日ぶたじかん」、「ぼくときどきぶた」
「ぼくへそまでまんが」

posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童書・絵本・はれぶた・バッテリー・詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック