2007年12月16日

小説「松ヶ枝町サーガ」芦原すなお

舞台は、1960年頃の香川県。

西鉄ライオンズの大投手稲尾に魅せられた、小学生の僕
(ツーちゃん)は、三角ベース(少人数野球)や、メンコ・
たこあげ・お祭りと……遊ぶことに大忙し。

駄菓子屋の息子である同級生マサヨシたちや、船乗りに
憧れるクンちゃん、水泳だけはすごいタケミ先輩らと、
元気に遊びまわる充実した日々を送る。

腕はいいが、悪ふざけする建具職人で博打好きの父と、
クンちゃんのエピソードが特によいです。

約265ページ。短編連作。おすすめの短編集。

posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック