2007年12月14日

短編集「最後の息子」吉田修一


小説「最後の息子」は、
「最後の息子」、「破片」、「Water」の3編を収録。
70〜80ページ。

「最後の息子」
 
 僕は、新宿のゲイ「閻魔」(えんま)ちゃんと同棲中。
 時々、ガールフレンドとも会いながら、気楽な
 モラトリアムの日々を過ごしている。
 包容力、経済力のあるえんまちゃんを母にどう説明
 しようか。そして、僕のビデオ日記に残された映像とは…。

「破片」

 東京に行っていた兄が、故郷に帰ってきた。一年ぶりの
 兄は、なんか顔つきが変わっていた。 
 
 弟は地元に残り、働きながら「恋」に明け暮れていた。
 弟の必死な恋を目の当たりにして、兄は自分が本気で
 恋をしていないことに気付かされる。

 弟の恋は、いいか悪いかは別にして「一途さ」を感じる。

WATERおすすめ作品

 長崎の高校水泳部員たちを、爽やかに描いた青春小説。
 毎日、水泳の練習に黙々と取り組む凌雲はキャプテン。
 旧来の上下関係を忌み、部員は仲良く、明るくをモットーに
 楽しいチーム作りを心掛ける。泳げない省吾の
 入部を快諾し、練習に付き合ってやるやさしさを持つ。

 凌雲たちは、メドレーでの全国大会をめざし、チーム
 一丸になって練習に明け暮れるかたわら、恋に悩んだり、   
 家庭の問題に巻き込まれながら、運命の日を迎える。

 事故で死んでしまった凌雲の兄の、残した日記が印象的。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 21:59| Comment(2) | TrackBack(1) | おすすめの短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
足跡のこしていきますねー
更新がんばってくださいね☆

http://pr.cgiboy.com/10176179
Posted by 純平 at 2007年12月16日 21:26
コメントありがとうございます。

免許早く取れるといいですね。
Posted by 安寿 at 2007年12月17日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最後の息子<吉田修一>−(本:2008年37冊目)−
Excerpt: 最後の息子 (文春文庫) 出版社: 文藝春秋 (2002/08) ISBN-10: 4167665018 評価:83点 最近少しはまりつつある吉田修一。 「悪人」は図書館で予約してる..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2008-03-06 01:34