2007年12月14日

小説「ゴッドブレイス物語」花村萬月

ロックシンガーの朝子は、人気バンドと一緒に「好条件」で京都に。

だが、騙されたことに後に気付く。

絡み合う感情、恋心、複雑な関係の中で、朝子は、何を感じるのか。

バンドメンバー同士の恋(男と男)の行方は?

なんとか、出演に漕ぎつけたライブ会場。熱狂の中、朝子たち
「ゴッドブレイス」を祝福するかのように、雨が降り始める。

気持ちいいだけ、なんて嘘。いつだって痛みがいっしょで、
だからあたしたちはいっしょにいるんだ(本文より)

扇情的で、スピード感溢れる小説。180ページ。

他に、モンスターマシンに乗って、立川基地を疾走
する姉弟を描いた「タチカワベース・ドラッグスター」を収録。
ラベル:小説 読書
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(1) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

花村萬月『ゴッドブレイス物語』
Excerpt: 今回は花村萬月『ゴッドブレイス物語』です。 花村 萬月は1955年、東京都生まれ。小平サレジオ中学校卒業。 1989年、デビュー作の『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞。 ..
Weblog: 初心者のための読書ガイド
Tracked: 2008-12-03 21:35