2007年12月13日

「容疑者Xの献身」東野圭吾


「ガリレオ」こと湯川と、草薙のコンビが超難題に挑む。対戦相手は、
彼らの大学時代の同級生であり、湯川が「天才」と認めた数学者。

石神は、優秀な数学者であったが不遇な道をたどり、現在は高校の
数学教師。彼の趣味、人生の大半は「数学」に関することに集約され
ていた。最近の石神の日課としては、アパートの隣人靖子が勤める
弁当屋に行くことである。

靖子は、娘の美里と共に暮らしている。靖子達は、かつての夫から
ひどい暴力を振るわれたことを理由に、離婚をし、アパートに逃げ
てきたのだが、ヒルのようなその男富樫は靖子たちの前に現われ、
たかりを始める。そして、親子悲劇が訪れる。突発的に、富樫を
殺してしまったのである。事件を推理から導き出した石神は、
彼女たちの窮地を救うべく、ある決断をし、それを実行する。

石神は、卓抜したその頭脳を駆使して、靖子たちに適切な助言や
指示をし、靖子たちを守ろうと奔走する。

その後、顔と指紋が判別できないような変死体が発見され、草薙
刑事は事件捜査に乗り出す。湯川は、捜査線上に浮かんできた
石神がかつての友達であることを知り、珍しく捜査に積極的に
加わる。お互いを「学者」として、尊敬しあう二人の激しくも
悲しい対決に目が離せない。究極のミステリーであり、恋愛小説
と言える。350ページ。絶対おすすめの一冊。うならされた。

「探偵ガリレオ」、「予知夢」とは、独立したストーリーで、
この本をはじめに読んでもなんら差し支えないです。号泣。感動。

名セリフ
「紙と鉛筆には限界がある。まあトライすることには意味が
 あるかもしれんが」(物理学者:湯川)

「正しい答えがある問題をつくることと、その問題を解くことは
 どちらが難しい?」

「この世に無駄な歯車なんかないし、
 その使い道を決められるのは歯車自身だけだ」(石神)

「これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。
 いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった」

東野圭吾作品現在7冊ご紹介。
http://book0001.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%8C%96%EC%8C%5C%8C%E1&vs=http%3A%2F%2Fbook0001.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(1) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「容疑者Xの献身」東野圭吾
Excerpt: 先日、東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読んだ。(この記事には一部ネタバレがある)      「ガリレオ」シリーズは、以前「探偵ガリレオ」「予知夢」の2冊を読んだ。この件については以下の記事に書いた。「探..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2008-01-11 09:40