2007年12月10日

ホラー「ぼっけえきょうてえ 岡山女」岩井志麻子


「ぼっけえきょうてえ」
明治時代の岡山の遊郭で、語られる残酷で、孤独な女郎の
ぞくぞくするような物語。表題作は、岡山地方で
「とても、怖い」という意味を持つ。全4編。190ぺージ位。
日本ホラー小説大賞、山本周五郎賞。

「岡山女」
男に日本刀で左目を切りつけられたタミエは、
本来見えるはずのないものが、見えるようになる。
隻眼の女霊媒師を主人公に据え、この世とあの世の
はざまを体感するホラー小説の名作。
全7編220ページの短編集。直木賞候補作
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー・怪談小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック