2007年12月05日

名エッセイ「旅の途中で」高倉健


健さんのエッセイはすばらしい。健さんの優しさと、
「人が好き」というのが伝わってくるからだ。
1996〜2000年のエッセイ。

「ゴッドファザー」のマーロン・ブランドの
演技に感動する話を描いた(ひとすじの涙)。

鉄道員の名演から貰った賞を、謙虚な姿勢で
受け取る話を描いた(心に鞭)。

アメリカで、全米を代表するシェフになった
松久さんを描いた(デ・ニーロが待った男)。

生き仏、大阿闍梨(だいあじゃり、世の中の
人の為に千日回峰行というものすごい修行を
成し遂げた者への尊称)との談話など映画話
を中心に語られる珠玉のエッセイ集。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのエッセイ・私小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック