2007年12月04日

爆笑「レヴォリューションNo3」金城一紀

新宿区には有名進学校が集中している。

その中で異彩を放つのは、「ゾンビーズ」が在籍する某高校である。
ちなみに有名な卒業生に、力道山を刺したヤクザの舎弟がいる。

ゾンビーズの由来は、学歴社会の中で「生ける屍」と言われるほど、
偏差値が低いことと、「殺しても死にそうにないから」というもの。

パワフル・ハートフルな彼らが、自分の夢や信ずる道をひたむきに
走り、踊る姿に強い共感を抱く。特に、高校生におすすめ。

「レヴォリューションNo.3」 

「君たち、世界を変えてみないか?」生物の教師ドクターモローに
触発された僕(主人公)たちは、近所にあるお嬢様学校の学園祭に
侵入し、彼女をゲットしようと躍起になる。某学園祭は、僕達を
締め出そうと躍起になって、150人の門番を用意してきた。
ゾンビーズはいろいろ考えるが、正々堂々と、正面突破によって
「壁」を飛び越えることにする。

「ラン、ボーイズ、ラン」

学校から1ヶ月間の停学を宣告されたゾンビーズ。この機会を利用し
アルバイトに明け暮れる。みんなで、沖縄に旅行に行くためだ。

旅行費用を貯めた僕達だったが、「市場最弱のヒキを持つ男」
(不幸を引き寄せる男)山下に旅行費を預けたら、案の定山下は
お金を奪われてしまった。山下を慰めながら、僕たちは再び
アルバイトに明け暮れる。僕の恋愛も絡めて描かれる物語。

「異教徒たちの踊り」 

ストーカー被害にあっているという女子大生を助ける為に、僕(南方)と最強の男朴が犯人探しに挑む。山下の遭遇した笑える不幸話の数々と、ただひたすらに踊り続けた男の伝説が印象的な物語。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑える・楽しい・爆笑できる本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック