2007年12月01日

短編集「ボッコちゃん」星新一

新一は、ショートショート(短編)を1000作品以上生み出した、
天才作家。ちょっと短い本をさくっと読みたいという方に、
文句なくお薦めできる良質の作品があなたを待っています。


マスターの趣味で作られた、美しいロボットボッコちゃんは、
酒場で人気者になるのだが……、イチオシの名作。(ボッコちゃん)

会社を経営するN氏の前に立ちはだかる女。「殺し屋ですのよ」と
名乗り、ライバル会社の社長の殺人依頼を持ちかける
(殺し屋ですのよ)など、スリル溢れる50篇収録。

著者の作品は、ドラマ「世にも奇妙な物語」の原作になった作品も
多いです。長編も書いていますが、星さんの作品だと、やはり
ショートショートものがおすすめです。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック