2007年11月30日

おすすめ「間宮兄弟」江国香織



まっすぐで、純粋で、弟思いの兄思い、そしてモテない、
そんな30過ぎても、一緒に住んでいる癖のある兄弟が主人公。

読書好きで、映画好きで、パズル好き、そしてベイスターズ
ファン……というインドア派の兄弟が思い切って、女性を部屋に
招待する。警戒されながらも、おずおずとやってきた女性たちは、
不思議と居心地のよい空間と、思いやりあふれる兄弟たちに
好感を抱くのだが、恋愛の対象とはならないようで……。

いわゆる外見的には、全くかっこうよくない二人が、支え合って、
それでも前向きにまっすぐ生きていく姿に涙腺が緩みます。

話しのテンポの良さも、間宮兄弟をはじめとした登場人物たちに
魅力があり、文章のよさも秀逸。恋のはじまりと、終わりを描いた
恋愛小説ですが、ラストも含めて納得の内容のイチオシ作品です。
直木賞受賞作「号泣する準備はできていた」よりもおもしろいです。
感動あり、号泣ありの名作長編。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック