2007年11月29日

短編集「セント・メリーのリボン」稲見一良


ハードボイルド短編集。テーマは、「男の贈り物」。
5編を収録。男たちは、自分の信じる道を行く。

「焚火」 おすすめ

やくざに追われる主人公が出会った、男気溢れる老人。
ささくれ立った主人公の心が、素直になっていく。


「花見川の要塞」ファンタジー

カメラマンは、未だに戦争を続けているという不思議な
おばあさんと青年に出会った。おばあさんたちの言う
思い出の「電車」と「青春」に彼は出会えるのだろうか?


「麦畑のミッション」軍事もの

「終着駅」おすすめ

赤帽(電車の荷物運び)が主人公。夢をかなえる、
思いがけないチャンスが訪れる。逃す手はない。


「セント・メリーのリボン」

探偵が主人公だが、ミステリーではない。猟犬や、盲導犬の
奪還を行う主人公の抱えるジレンマや戦いを描く。
ラベル:短編集 硬派
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック