2007年11月29日

SF短編集「最後の喫煙者」筒井康隆

くせのある傑作短編集。名作「急流」、「最後の喫煙者」、
問題作「問題外科」、「老境のターザン」など9つの短編集。

「急流」傑作、爆笑系

時間の進み方が、どんどん加速していくという物語。それで
いて、時計はそれに対応するように進むので人々は大混乱。
「時間」という決まりごとが崩壊すると、いろいろな場面で
支障をきたしだす。

ついには、

アナウンサーが「ニュースはありません」と言ったり、
新聞が年刊になってしまったり、
朝トイレに入って、出たらすでに夜になっていたり……

もうめちゃくちゃである。(他にも、実例が山ほどあり笑える。

しかも、この物語のオチがすごい。
読んだあなたは、「そんなばかな」と言ってしまうでしょう。


「問題外科」グロテスク、官能?

医者の倫理観の欠落が叫ばれて久しいが、この物語はそれを
より強調して書かれている。アブノーマルな世界が展開。


「最後の喫煙者」爆笑、ブラックユーモア

ヘビースモーカー作家のわしが主人公。タバコ=悪という概念が
究極的に進み、どんどん喫煙者の肩身が狭くなっていく。

そんなの関係ないと、わしはあの手この手でタバコを集め、
大好きなたばこを吸い続けた。タバコ屋や、喫煙者が過激な襲撃を
受け、遂には死人まで出てしまう。それでも、ワシはたばこを
吸い続けてやる。オチも鮮やかな名作。


「老境のターザン」ブラックユーモア

正義の味方ターザンも老人になり、「冒険」にやってきた
観光客のガイドを勤めるようになっていた。しかし、老境を
迎えた彼が達した領域は、「正義」ではなく「悪」だった。
ターザン(人間)の裏の部分、陰の部分を描いた問題作。

ラベル:短編集 ユーモア
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの星新一・筒井康隆等SF小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック