2021年02月24日

小説『ズッコケ中年三人組 45歳の山賊修行中』那須正幹

山奥で山賊暮らしをした過去を持つズッコケ三人組も45歳。ある日ハチベエの所に行方不明の弟の帰りを待つ堀内さん兄がやってきた。堀内さんによってなんとか山賊から逃げられた恩もあり、ハチベエはハカセ、モーちゃんと連絡をとった。後日4人で捜索活動に乗り出した。しかし30年以上も前のこともあり、捜査は難航。おまけに当時どうやらとても恐ろしい惨劇が起こっていたらしい。堀内さん、そして山賊暮らしで生活を共にした人々は無事なのか?

大人になりながら、よくも悪くも小学生時代の童心が抜けない感のある三人組は大事件に遭遇し、テレビ出演をすることに。そこで思わぬ相手からの連絡が入る。作中では、ハチベエ、モーちゃんの結婚秘話、ハカセと荒井陽子の恋愛事情も語られる。大人になった彼らは多かれ少なかれ痛みや悲しみを乗り越えてきた。かつて異彩を放っていた最強の三人組をあえて等身大のありふれた大人として描く所に那須先生の意図があるらしい。それでも三人組の友情は変わらないし、基本的な性格は変わらない。だからこそ彼らは魅力的なのかもしれない。ズッコケ中年組シリーズ第6弾。ポプラ文庫
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:42| Comment(0) | ズッコケ中年組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント