2020年12月28日

小説『塩狩峠』三浦綾子

明治10年、永野信夫東京で産まれる。
士族のこどもとして無駄に気位が高い祖母トセ、
温厚な父貞行によって育てられていた。
亡くなったとされる母の悪口を言うトセだったが
ある日のこと、父のことをおとうさまと呼ぶ女の子と出会う。
あれは一体なんだったのだろうか。
その話を祖母にした所、激高しそのまま命を落とした。

傷心にくれる信夫であったが、死んだと聞かされていた母
菊が現れ、あの女の子は妹待子であり一緒に暮らすことに。
母は当時世間から色眼鏡で見られていたキリスト教信者であり
それに強く反対するトセにより別に暮らしていたのだ。
母、そして妹を慕いながらもトセによって「教育」を受けた
信夫は心から打ち解けることができないのだった。

夜の学校の便所に女の子の幽霊が出る。
そんなバカげたうわさが広まり、みんなで夜に集まることに。
夜になったらどしゃぶりとなり、行く必要がないと感じるが
「約束を破るのは犬猫に劣る」と父に言われ嫌々出かける。
案の定誰もいないと思ったが、吉川だけがそこにいた。
信夫、吉川はこの事件をきっかけに周囲から一目置かれる
ようになり、自然と親友同士の関係となる。
しかし、吉川は家庭の事情から蝦夷(北海道)に行くことになり、
吉川、そしてかわいい妹ふじ子と別れることになり涙を流す。

父との死別、吉川との再会、北海道での生活、キリスト教への
信仰心にめざめた信夫は親切心から三堀をかばう。
三堀は必ずしも感謝してくれなかったが、信夫は誰よりも
他者に対して親切で己の信念に基づき生きる。
身体の悪いふじ子を一途に愛し続けた札幌の鉄道職員
永野信夫の生き様に涙を禁じ得ない愛と感動の長編小説。
新潮文庫 
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 17:40| Comment(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント