2019年12月23日

小説『世にも奇妙な君物語』朝井リョウ

「シェアハウさない」

泥酔していた所、介抱してくれた女性により
シェアハウスに運び込まれた主人公浩子。
心に傷を負った過去を持つ彼女はライターとなり
シェアハウスに住む人々を取材したいと思っていた。
男女4人で暮らしていたメンバーの一人がここを
出て行くと知り、勢いで自分が住みたいと提案。
却下されるかと思ったが受諾され、4人に流れる
不思議な空気からある種の秘密を感じ取る。

「リア充裁判」

コミニューケーション能力が異常に尊重される
現代の風潮を皮肉った作品。
リア充裁判と揶揄されるコミニューケーション能力を
図る質疑応答がなされ、この能力が欠けていると
判断されてしまうと、コミュ力の向上を促される。
強制的にバカバカしい格好をさせられ、パーリィ
ピーポーのような振る舞いをすることが善(正解)
という世界なのである。
まともだったはずの姉を変な風に変えてしまった
この裁判に臨むことになった地味子の運命は?

「立て!金次郎」

保育士になった熱血教師だったが、
そこに立ちはだかるのはモンスターペアレント。
理不尽な要求はエスカレートし、
幼稚園で行われる全行事のうちこども全員が
主役になる機会が設けられるようにと口撃される。

こどもを見ずに保護者の顔を見ることを優先した
須永先生の評判はうなぎのぼり。
反対に人なつっこくて評判がよかった主人公の
評判は悪くなり、最近保護者からの反応が悪い。
でもやっぱりこどもの気持ちが大事だよな!
保護者からの外圧になんて屈しないぞ!
と昔からのあだ名が金次郎の主人公は奮起する。

「13・5文字しか集中して読めな」

煽り文句ばかりで真実を映し出していない
ネットニュースの見出しを皮肉った作品。
文章を要約したり、表現者にとって都合のよい部分だけを
抜粋すると、受け手(読者)に与える印象が真逆の
ものになったり、間違って伝わるよねという
ブラックユーモアあふれる物語が展開される。

「脇役バトルロワイアル」

有名な演出家蜷川作品の主役オーディション会場に
やってきた溝淵淳平ら6人の男女たち。
年齢もバラバラだし、性別も違う。
それにしても最近は脇役として活躍するメンバーばかり。
主役なんて柄じゃないよね…
と自虐的に話し合っていたら、審査がスタート。
どうやら脇役らしい振る舞いをすると不合格となり
最後の一人として残れば晴れて主役になれるようだ。
脇役あるあるも交え、本のタイトルが示すような
「世にも奇妙な物語」的演出なユーモア作品。講談社
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:18| Comment(0) | おすすめの短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント