2018年12月14日

小説『病院坂の首縊りの家』横溝正史

複雑怪奇な五十嵐家、法眼家の過去と現在。
そして両家に起こった陰惨な事件の謎を追う
金田一耕助と刑事の20年による捜査と結末とは?

開業医の名士として知られる法眼家、
闇稼業によってのし上がった五十嵐家。
両家の成り立ちやご先祖、登場人物が紹介され、
かの両家の子である法眼由香利、五十嵐滋が
婚姻の運びとなり、写真館で写真が撮られた。
その際に不思議なエピソードが語られる。

一方、アングリーパイレーツなるジャズ集団に
おいても事件が勃発。中心人物であった敏ちゃんが
妹と目されていたメンバーと結婚するという。
メンバーの哲ちゃんは彼女への恋慕から敏ちゃんから
殴られ右目を失明。酔った勢いで二人の逢瀬を
邪魔しに出かけたが、彼が見た者は敏ちゃんの
変わり果てた姿だった。現場に残された手紙から
一応の決着がついた形となったが、金田一耕助と
等々力刑事にとって忘れられない事件となった。

それから20年の歳月が流れ未解決のまま時効が成立した。
(現行法では殺人事件に時効はない)
刑事を引退し探偵事務所所長となった等々力氏、
そしてかの名探偵が再び捜査に乗り出す。
かつての関係者たちを洗う金田一は、
事件に隠された真相に迫るのだが、
過去の事件が引き金となり新たな殺人事件が勃発。
更なる悲劇を防ごうと頭脳をしぼる名コンビと
金田一の選択とは?角川文庫 上・下巻
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 09:17| Comment(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント