2018年02月04日

小説『ズッコケ中年三人組 43歳のズッコケ事件探偵』那須正幹

裁判員に選出されたハチベエ。小学校時代からの
親友ハカセ、モーちゃんに話したところ、
自分たちも興味があるから裁判を傍聴するという。
不安を抱えていたハチベエだったが、友情に勇気を得、
いざ裁判所へ。近所で起こった殺人事件について、
話し合うこととなった。事件の日、容疑者が漏らした
言葉を知るのはズッコケ三人組の同級生榎本由美子。

おっちょこちょいだがカラっとした性格のハチベエ。
もめごとが嫌いな気の優しいモーちゃん。
そして、一言居士の探求心旺盛なハカセ。
ときたら、自然と探偵役はハカセになる。
事件の真相に迫るハカセが語る推理とは?
シリーズ第4弾。
ラベル:那須正幹
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:10| Comment(0) | ズッコケ中年組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント