2017年08月23日

小説『孤島の鬼』江戸川乱歩

恋人が殺された。しかも密室で。
悲嘆にくれる蓑浦は素人探偵深山木に調査を依頼。
しかし、事件の真相に迫った深山木も
蓑浦の近くに潜む犯人により刺殺されてしまう。

かつて自分を寵愛していた親友諸戸道雄は、
自分の恋人に謎の求婚をしていた。
そのことから諸戸を疑う蓑浦だったが、
すべての謎を解くカギは不気味な孤島に潜む
鬼の仕業に違いないと諸戸と共に導き出した。

神出鬼没に姿を現す謎の人物。
孤島に集められた人々…。
鬼がめざす理想郷、莫大な宝とは?
変死にはじまった悪夢のような物語は
島に訪れたことで地獄絵図へと変貌を遂げる。
恐怖体験を経て生き残るのは果たして?
創元推理文庫
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:11| Comment(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント