2017年04月28日

小説『ロック母』角田光代

【ゆうべの神様】
まるでビッグダディ的な両親の喧嘩が絶えず、
近隣の住人もろくな奴がいない。
閉鎖的な村に住む私は大学受験を控えた女子高生。
胸の中に殺意を隠しながら日々を送っていた。
とにかくこの街から出ていきたいと思いながら
恋人との逢瀬を重ね、勉強に身が入らない。
日々のもやもやは、いよいよ爆発し…。

【ロック母】
瀬戸内海の片田舎の島育ちの私は都会への
あこがれから大学進学を機に故郷を飛び出した。
思い通りにいかず、妊娠させた相手からは
堕胎を勧められ、結局ずるずる引き伸ばした結論は
島に戻りシングルマザーになることだった。
せめて家族や島の人々が祝福してほしい。
甘えたい彼女であったが両親はそのことに触れず
淡々とすごす日々。熟年離婚こそ断念した母だったが
私が高校時代日常を遮断するために聴いていたロックに
逃げ道を発見したらしい。何?この負の連鎖…。
生まれてくる子もきっと…。

【父のボール】
不幸は坂を転がるボールのようにやってくる。
近所で不幸が起きたら下に向かって不幸が起こる。
父の呪詛の言葉は大人になった今でも心に影をさす。
権力者として君臨した父もこどもの成長につれて
恥ずかしい父となり、母への仕打ち、そして死を通して
憎しむべき父と変わっていった。

父の死を見届けることで父とのつながりという
不幸の終焉を実感したい私は入院している父を見舞う。
最期の最期まで卑しく情けない父親の存在により
不幸をたまわる私が父の死を通して受ける感慨とは?

など7編を収録した短編集。この作品に流れる
テーマは怒りであり悪意である。海外に出かければ
異文化交流と言う名の理不尽な差別的扱いを受ける。
民族間同士の小競り合いに出くわす。
住民から嫌がらせを受け、怪文書が出回る。
爽やかさとは無縁の悪臭すら漂ってきそうな日常。
いがみ合いながら、でも人々は寄り添い合い、
結果傷つけ合うというハリネズミのジレンマ的恋。
壊れた世界でも生きていかなきゃいけない。ふぅ。
講談社文庫。
ラベル:短編集 角田光代
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの短編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック