2017年03月07日

小説『D坂の殺人事件』江戸川乱歩

夢遊病に苦しむ男の苦悩、
退屈に苦しむ男は悪魔的頭脳で連続殺人を犯すが捕まらず、
堕胎を促す植物を知った妊婦は、
妻に裏切られた男の苦悩、
戦火の街で出会った美女、
顔を柘榴のように潰された死体から類推される真相、
人間嫌いの男が愛した女に抱いた憎しみと情念は
グロテスクで酸鼻を極める物語を作り出す。

密室状況下に起こった事件。目撃者二人の証言は
真っ二つに分かれ、犯人像が見えてこない。
名探偵明智小五郎は思わぬ視点から真相をあぶり出す。
挿絵を交えた本格派推理短編集。暗い時代背景、
人の持つ暗部や弱さを描かせたら随一。創元推理文庫
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめの短編・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック