2016年08月27日

小説『新世界より』貴志祐介

人類は呪術(超能力)を手に入れ、新世界に突入した。
1600年後の日本を舞台に、こどもたちは大事なことを
隠された世界で大人たちの庇護の下、生きていた。
美しい世界に隠された様々な歪(ひずみ)、秘密と負の歴史。
新人類が支配するバケネズミは高い知能を有し醜く
こどもたちが生きる世界では目に触れないようにされている。

主人公にしてこの物語の語り手である早季は、幼なじみである
瞬、覚、真理亜と共に過ごした日々を回想する。
美しく輝いていて、責任を負うこともなかった青春時代。
呪術を身に付け、切磋琢磨していく学校での思い出。
ルールを破ったことで生じた身の危険と喪失した力。
垣間見えてきた社会の歪みと大人たちが隠している真実。
恋愛感情に似た友情、あどけない愛情。
掴んだ砂のように掌から消え落ちていく記憶たち。

人類はかつて起こった忌まわしい大虐殺事件を引き起こした
悪鬼、業魔の誕生及び暴走を危惧、反省した。
戒めをこめて、自らの超能力を
人間への攻撃ができないようにブレーキをかけた。
そして、戦闘能力に長けた猫などを作り有事に備え、
彼ら自身も超能力の向上に努めていた。

この美しくもグロテスクな世界では危険因子になりそうな
こどもはいつの間にかいなくなってしまう。そして、
彼、彼女を知るこどもたちもその記憶をなくしてしまう。
早季たちはあるとき、この世界に隠された不都合な真実、
かつて人類が行ってきた業の深い歴史を断片的であるが知る。
都合の悪いことは隠され、望まれぬ存在は消される。
人でありながら家畜のようなはかない立場。
必ずしもこの世界は美しく、未来永劫続くような堅牢で
豊かな世界ではないのではないか。
たとえさよならばかりの人生であっても生き続けなくてはいけない。
それが生物という種に課せられた宿命。
業を背負いながら人類はふたたび新世界を生きる。
日本が誇る戦慄のSF傑作。講談社文庫 上・中・下巻
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック