2016年07月23日

小説『ゼロの焦点』松本清張

新婚旅行を経て、仕事の引継ぎのため出かけて行った
夫鵜原憲一は謎の失踪を遂げる。
夫を心配する妻禎子は、会社の関係者や憲一と懇意にしていた
室田夫妻らと共に憲一の安否を気遣う。
どうも憲一には秘密にしていたことがあるようだ。
その秘密に近づき、真相を知ろうとする者たちが
次々と命を落としていく。一体誰の仕業なのか。
禎子は二枚の写真や非業の死を遂げた者たちの足跡をたよりに
真実に近づいていく。
それは戦後間もない時代が引き起こした悲劇だったのか。
『点と線』に次ぐ著者のミステリー物。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック