2015年09月07日

【黒革の手帳】松本清張 

地味なベテラン銀行員原口元子は「黒革の手帳」に
したためた「情報」によって大金を横領。
銀行側を脅すことで事件にならず、銀座のママに転身。
手堅い社会から闇社会の華やかな仕事の場を移した元子は、
クラブのママとして辣腕をふるった。
こんな華やかな世界があったのか。
元子は、脱税によって億万長者になった産婦人科病院長の
内情を探り出し、再び黒革の手帳を発動。
快進撃を続ける元子であったが、多くの恨みを買うことに。
大金を持つことで、かえって膨らんでしまった元子の欲望は
とまらない。更なる事業の拡大、大いなる野望を刺激し
新たな黒革の手帳の得物を探し求める。
傑作長編サスペンス。
新潮文庫 上・下巻

posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック