2010年08月24日

小説『水の中のふたつの月』乃南アサ

亜理子はスケジュールを埋めたがり「忙しい」が

口癖のOL。恋人は二人つくり、一週間先まで

スケジュールを埋め尽くし、ありのように

ちょこまかと動き回る。意外としたたか。

そんな亜理子は、少女時代に仲良しトリオだった

恵美と再会した。それは望まれぬ邂逅。

まさに運命のいたずらだった。


亜理子はある事件を機に、少女時代の引っ越しを

早め、二人から離れた。

事件によって恵美と梨紗も話す機会は少なくなり

恵美が私立中学に行ったことで疎遠になった。

しかしそれは、ある意味でよかったのかもしれぬ。

だが再び大人になった三人は会うことになった。


恵美は、トリオだったもう一人の梨紗も誘い

三人で会うことを一方的に決めてしまった。

亜理子は不安だった。様変わりしてしまった

恵美は誰もがわかるような嘘を吐きまわる

虚言癖になっていた。

かつての約束、三人の誓いを破り、秘密を

しゃべってしまうかもしれない。

そこには、なにかしらの企みがあるのではないか。


一見大人しそうに見えて、その反面で男をだまし

高級マンションを手に入れていた梨紗は潔癖症。

すぐに手を洗わなくてはいられない。

亜理子と共に恵美に不審を抱きながらも

三人は何かと連絡をとり、交友が復活。


そこには一人の男の存在が大きい。

恵美の恋人であり、テレビ局でアルバイトをし

バンドに明け暮れる軽佻浮薄のバカ男哲士。

それはかつて夢見がちで、占いやこっくりさん、

魔法などが大好きだった少女時代に三人が

好きだった乾君を連想させる弱弱しさを持つ男。

乾君は「神かくし」に遭い、ある日突然会えなく

なってしまったのだ。

三人は、不当ないじめに遭う乾君と仲良くなり

彼を助けようとがんばっていたのに……。


一人の軽薄な男の浮気心によって、

三人は切れることなく密接な結びつきを強める。


現代と過去を描きながら、三人がそれぞれ持つ

性癖(クセ)はやはり少女時代が落とした

暗い影なのか?そして三人を待ちうける運命は?


角川文庫 350ページ。

水の中のふたつの月 (角川文庫)

水の中のふたつの月 (角川文庫)

  • 作者: 乃南 アサ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1996/09
  • メディア: 文庫



posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック