2008年06月14日

小説「続瀬戸内少年野球団」阿久悠

淡路島を舞台に、中学生になった竜太は
悪友バラケツらと共に青春を謳歌する
はずだったのだが、「栄養失調」・「肺病」に
かかり、さえない生活を余儀なくされる。

前作「瀬戸内少年野球団」
http://book0001.seesaa.net/article/75552563.html

又、「運命」を約束した美少女ムメからの手紙や、
突然の訪問、高校進学・就職によって、
江坂タイガースは少しずつ離れ離れになっていく。

高校進学を果たした竜太は、映画の世界にのめり込み
勉強を疎かにしたり、年上の女性と恋仲になったり、
忙しい。バラケツは、甲子園をめざす高校球児になり
その立派な体躯と豪快な性格に磨きをかけて、
プロの選手にならんと奮起。

そして、遂に旅立ちの時が訪れた。

ムメに強い憧れを抱いていたバラケツは、神戸に住む
ムメの所に駆けつける。竜太は、とまどいの中で、
ムメに思いを募らせる。しかし、バラケツが見たムメは
憧れを抱いていた美少女ムメの姿からかけ離れていた。


また、竜太は祖父・祖母の下から離れて単身で大学を
めざすことになる。物語はドラマティックな展開を見せ、
一気に読ませる力は流石だと思う。おすすめ。250ページ。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック