2019年07月29日

小説『影男』江戸川乱歩

いくつもの名前を持ち、複数の恋人を持ち、
人々の秘密を握り影のように暗躍する影男。
人の表の顔と裏の顔を探求する影男は、
めだたない影のような存在となり恋人や部下も
動員して権力者の急所を握り大金を脅し取る。

犯罪小説家という顔を持つ彼は、実際に自分が
行った犯罪を作品で発表するという
大胆不敵な行為をし、それを愉しんですらいる。
しかし根っからの悪党ではないので、きまぐれで
困っている人間を助けたりと義賊的性格も併せ持つ。

その類い稀な頭脳は本当の悪党に目をつけられる。
殺人請負会社を営む須原は影男に接触。
ターゲットを奇抜な方法で殺したいので
その方法を伝授してほしいと影男に依頼した。

幻想的な世界を構築し、ルパン的主人公影男が
暗躍する物語に引き込まれる。作者が述べるように
思いつきと二番煎じ(過去の作品との)、
後半の構成にやや難があるが十分楽しめた。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:24| Comment(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

小説『くちびるに歌を』中田永一

Nコン合唱コンクールをめざす長崎県五島列島の
中学生たちと合唱部を指導する自称ニートの美人教師の
奮闘を描いた青春小説。作者は乙一先生別名義中田先生。

産休に入った信頼厚い音楽教師松山先生の代理で
美人ピアニストでニートをしていた柏木先生がやってきた。
松山先生と柏木先生は友人であり三角関係の当事者。
松山先生の旦那はかつて柏木の恋人ということもあり
複雑な想いを抱いていた。生徒達には伏せられていたが
松山先生は心臓が悪く危険度が高い。
それを知る教師達は彼女の容態を危惧していた。

合唱部は元々女子しかおらず、まとまっていた。
しかし、美人の柏木先生目当てで男子生徒が数名入り
(桑原サトルのみ違うが)、不協和音が生まれることに。

美形の2年生男子をちやほやする浮かれた女子生徒、
練習をまじめにせず女子生徒から不況を買う男子生徒、
めだたないまじめな生徒だった桑原がみせる意外な才能、
部内で生まれた恋愛感情や恋愛関係。

思春期を迎えた中学生がいろんな悩みに直面しながら
等身大の自分と向き合いながら生活を送る。
一見おちゃらけて見えた人物の意外な素顔、
明るくてかわいいあの子の素の部分や悩み、
家族から過度の期待を背負わされた生徒、
そして案外メンタル弱い顧問の柏木先生に
部員を支えるしっかり者の部長、
自分の意外な恋心に気づく女子生徒と
盛りだくさんなキャラクター、感情がほとばしる。

「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」、そして作中登場人物が
十五年後の自分に向けた手紙を描いているが、
そこにこめられた想いやそのときに感じた
あれこれを形にするというのは、恥ずかしさと同時に
大切な思い出に変わる日がくるかもしれない。

主人公の一人であるサトルは、自閉症の兄がいる。
将来を心配した両親から、兄の面倒をみる存在として
生まれた子である。ある種の義務感、責任感を
あらかじめ運命づけられた存在であり、消極的で
めだたない彼はともだちもできず得意は寝たふり。
しかし、明るくかわいい同級生長谷川コトミが
つぶやいた毒舌を聞いてしまう。寝たふりを続け、
聞いていなかった演技を続けるが、おそらく
バレている。でもそんなこともあり、サトルは
コトミのことが気になり、ひょんなことから入部。

サトル意外の男子生徒は柏木がいないと露骨に
まじめに練習をしないので女子から敵視される。
女子部員の中でも男子擁護派、男子敵視派(主流)が
生まれ対立が表面化。昔のラブレターによる裏工作と
ほほえましい?水面下の交渉も勃発。
本気でNコンをめざす女子部員は、男子を出さない
強硬案を主張する自体に。混声合唱は生まれるのか。
小学館文庫
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:38| Comment(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

小説『夜光の階段』松本清張

女を踏み台にして成功の階段をかけあがる
美容師佐山道夫と彼に疑惑を抱く桑山検事。
女たらし、女殺しと称される美容師佐山は
刑事事件的な意味で裏の顔を持っていた。
男性美容師が珍しいいわゆるカリスマ美容師の
走りだった当時にヒモ・悪事の天才佐山が躍動。
関係を持ち、女性を利用し尽くす悪魔のような男は
シッポをつかませないし、豹変するときはある意味
君子のように行動が迅速で頭もキレる。

自白を強要する違法捜査がまかり通り、
官尊民卑が顕著だった社会背景もあって
そのシッポをつかまれない佐山。
美容界の寵児、ニュースターともてはやされる
佐山の周囲では変死を遂げる者が多い。
裁判によって一応の解決をみせた殺人事件。
しかし、それはえん罪だったのではないか。
不思議な因縁で彼に対して疑惑を強める佐山は
独自の調査を進めるのだが…。
富と名声のために悪事に手を染めていく
美容師がいろんなものを切りまくる。
それは後ろ暗い過去か邪魔になった女との関係か。
新潮文庫上・下巻
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:37| Comment(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする