2017年05月27日

小説『本日は大安なり』辻村深月

11月22日大安吉日。
結婚式場に集まった訳ありの面々により、
予想外の事態が次々と巻き起こる。
正直、作者がこじらせたのかと心配になったが
読み進めると山積みかと思われた課題が解決されていく。
辻村先生の作品は読者の心をざわつかせるなぁ。

老舗として評判も高いが値段も高い結婚式場。
本日は大安ということもあり4組の新郎新婦が
華燭の典を挙げる。大金を支払うこともあってか
わがままなクレーマー新婦を担当することになった
プランナーの多香子は、私情を押し殺し式に臨む。
最悪の相手さえ乗り切ればこの先もずっとこの仕事を
全うできるはず…。がんばれ多香子応援だけしてるぞ。
また厄介事を押し付けられるけど、
きっと君を見守ってくれる人もいる…はず。

さて、別の新郎新婦に目を転じようか。
おや、一卵性双生児の美人双子姉妹の一方が
本日めでたく結婚するらしいぞ。でもこの二人、
とんだ食わせ物だぞ。双子という立場や生い立ちも
関係してか、お互いに複雑な感情を抱いているみたい。
厄介な双子に振り回される新郎はついつい本音を。
勘弁してよ、と。

おや、こちらは結婚前に散々揉めた新郎新婦だ。
薬剤師の新婦りえさんと結婚するのは同じ職場で
アルバイトのまことさんかぁ。いわゆる格差婚。
新婦側の親御さんの反対押し切った結婚だ。
結婚しちゃって大丈夫かしら。
りえを心配するオレこと小学生の真空君は
まことの秘密を知ってしまった。
なんとかこの結婚式をやめさせたいと考えている。
小学生の健気な想いは通じるのか?

そして最後は結婚式場をうろつく不審な男。
自分の普段の行いの悪さから墓穴を掘り、
いよいよ切羽詰まった状態に追い込まれた男。
犯罪者メンタルに陥った男が余計なことを
しでかしてしまいそう。不穏な空気が漂っている。
角川文庫
ラベル:辻村深月
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

小説『あの日にドライブ』荻原浩

上司に反目したことで銀行を辞めた牧村は
腰掛けのつもりでタクシー運転手になった。
銀行というクソみたいな職場、カス上司のせいで
割をくってきた家族。その報いからか、
家では肩身が狭くなり、会話も弾まない。

あの日あのときに戻ってあの道、あの選択をしていたら…
あのときああしていればの「タラレバオヤジ」と化した
牧村は妄想という現実逃避に走る。
銀行員として出世を続ける自分。
思わぬ出会いにより大会社にスカウトされる自分。
プロ野球選手になっていたかも。
大学時代夢見た出版関係の仕事。
そしてかつての恋人と結婚していたら…。
あの時もしも違う選択をし、あのカーブを曲がれば、
それこそすばらしい道を歩めていたかも…。

営業成績が上がらない彼は営業部長に罵られ、
ストレスと不規則な生活がたたり円形脱毛症に。
運が悪いから成績上がらないとギリギリプライドを保つ。
しかし、戦時中飛行機乗りだった隊長さんの営業努力や、
意外な過去を持つ山城たち同僚の姿、
かつての恋人の現在などを知るうちにはたと気付く。
青春を追うかのように自分にゆかりの場所や
人を求め出した牧村が行き着いた答えとは?
かっこ悪すぎる主人公に我慢を強いられるが、
最後まで読むと納得できるかなぁ。光文社文庫
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

小説『ザビエルの首』柳広司

教科書に載る位有名な人物宣教師ザビエルを追う
超常現象の物書き修平。奇跡体験を通じて
生前ザビエルが遭遇した謎を秘めた殺人現場に遭遇。
不思議な力により事件を目撃した修平は、
事件に居合わせた人物の中に憑依し真相を暴く。

死後ザビエルの遺体は腐敗せず、生きているかのような
状態を保っていたという。この「奇跡」は認められ、
彼の遺体は厳重に保護されているという。
(死後2回以上の奇跡を起こし、遺体が腐敗しないと
「聖人」として認定され手厚く保護される)

ザビエルの首が鹿児島で発見されたといううさんくさい
情報を記事にするために辺境の村にやってきた修平。
どう見ても村おこしのためのでっち上げと思われたが、
ザビエルの首と、不思議な目を見た修平は
過去の世界に飛ばされていた。

自身が体験したアフガニスタンでの地獄のような日々。
大国アメリカの誤爆により結婚会場に集まった人々は
無残な最期を迎えた。戦場で修平は生死をさまよい、
一命をとりとめ帰国。当たり前のように平和な日常をすごす
日本の中で、傷は癒えたかのように思われていたが
意識下の中に「なぜ」という疑問が渦巻いていたのだろう。

なぜ何の罪もない人が殺されるのだろうか?
なぜいつの時代も人は争い合うのだろうか?
なぜ人は安易に悪意をまき散らすのか?
なぜ人は神にすがり、神は人を本質的な意味で助けないのか?
矛盾をはらんだ宗教。場合によっては犯罪にも加担し援護する。
ちんけな奇跡起こしている暇などないはずなのに。
意識下に潜んでいた「怒り」のような感情とやるせなさが
数奇な人生をすごしたザビエルと共鳴したのかもしれない。
講談社文庫
ラベル:柳広司 推理小説
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

小説『炎上する君』西加奈子

【炎上する君】
学徒動員、火垂るの墓というひどいあだ名を
つけられ灰色の学生時代をすごした二人の女性。
恋愛にうつつをぬかさず、強い意志で学業に打ち込み、
豊かなで盤石の暮らしを手に入れた。
あえて、自分たちのキャラクターと真逆のことを
してみないか?と勇ましくロックバンドを結成。
たくましい才女たちは銭湯で不思議な話をはじめる。
足元が炎上する男がいて目撃した者は幸運に恵まれる。
ロックな自分たちを演じることに疲れていた二人は
この不思議な男と出会い、二人とも燃え上がる。

【私のお尻】
容姿こそ恵まれなかった私だが、お尻だけは一級品。
お尻のパーツモデルとして大活躍し称賛を浴びる。
報酬も破格の待遇でぜいたくな暮らしも手に入れた。
でも心は満たされない。人は私のお尻ばかり見て、
お尻ばかり評価している。お尻が人格を有している。
愛しかったお尻に嫌悪感すら覚えた私は、
自分のお尻を「置いていく」ことにした。
芥川の『鼻』では主人公が自らの醜い鼻を切り離したが
この作品では誇るべき部分を切り離す。人って不思議。

【ある風船の落下】
自分の身体が浮かび上がり、最終的に空高く
舞い上がってしまう「風船病」が世界中で発生。
原因はストレスを抱え込み、この世に絶望した者が
地球の重力から解き放たれるとされる。
つまり形を変えた「自殺」であると言われている。
家で、学校で迫害され、愛を信じられない私も
風船病にかかり、母の心ない言葉で悲しみのない空に。
そこには地上に絶望し、このやさしい空にただよう
世界中の人たちが浮かんでいた。

など8編を収録した短編集。ずば抜けた発想力、
作品に流れるユーモアと愛情、
苦界で戦うことを辞さない潔さなどが光る。角川文庫
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめの短編・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

小説『円卓』西加奈子

三つ子の姉を含む8人家族と暮らすこっこ。
孤独にあこがれ、フツーとは違う自分を気取り
こじらせてしまっている変わり者の小学三年生。
家族すらもバカにしながら、やはり変わり者である
祖父石太とだけは認め合う存在だ。
家族から深い愛情を受けながら…、困ったものだ。
家族は中華料理屋にある自動式円卓で食事をしながら
楽しい時間をすごしていたが、自分の世界に入り込む
こっこはうわの空で別のことを考えていた。
ああ、みんなの注目を集めたいものだ。

賢い同級生ぽっさん、朴、おませなセルゲイ、
大人びた香田めぐみさんらと共にすごすこっこ。
日々新鮮な驚きを感じ、自分が認める一部の者以外の
平凡ぶりに不満を覚え、心の中で、口に出して罵倒する。
しかし自分が考えているほど賢くないので
ぼっさんからの忠告を忘れ、暴走し失敗してしまう。
子供なりの万能感、全能感で好き勝手に振る舞える
ある種の黄金時代だった。

だが、ねずみ男との出会い、
新しい家族(命)の誕生、
同級生の奇矯な振る舞いを目撃し、悩むことに。
自分の価値観と他人や世間の価値観の違いに
とまどうこっこ。親友ぽっさん、祖父石太と共に
自らの言葉にできない想いをひも解いていく。
キャラクターたちに覚えるいとしさ。
あふれ出す文才とユーモア。文春文庫。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

小説『見えない復讐』石持浅海

田島、坂元、中西の学生三人はある目的から
ベンチャー企業を立ち上げた。東京産業大学院生
(口の悪い者は倒産大と呼ぶ、さいたま市にある)
の彼らは卒業生でありエンジェル投資家小池を頼る。
強い熱意と情熱を見せる田島であったが、
小池は彼のゲーム企画を断ることにした。
母校を訪れた小池は田島たちの不思議な行動を目撃。
「謎の行動」という疑問から「答え」を導き出した
小池はスポンサーを表明。小池の裏の目的とは?

某大学ではかねてから自殺者が後を絶たない。
しかし大学当局は具体的な措置、
対策を講じないまま、いたずらに時が流れていた。
大切な人物を自殺という形で失った主要人物の4人。
その胸に去来する想いはタイトルが示す通り
見えない復讐である。

法人である大学をなくすことが最終目標。
実行するには莫大な資金が必要と結論付けた学生たち。
そのための起業。資金集めである。資金を持たない
彼らにできる大学当局へのテロとは嫌がらせレベル。
しかし秘められた悪意は確実に大学にダメージを与える。
田島、小池は本心を隠した二人の天才は
頭脳を駆使し、提示された謎の真相、核心に迫っていく。
暗喩、明示される事象を読み解く楽しさに
興奮が止まらない極上ミステリー。角川文庫
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

小説『或る「小倉日記」伝』松本清張

森鷗外の研究を生涯の目標とした身体が不自由な耕作。
鷗外全集を編纂する際に見つからなかった「小倉日記」
に代わる研究をしようと苦労しながら鷗外の足跡を辿る。
表題作、芥川賞受賞作

結婚相手の父親が失踪宣告により除籍されていた。
頼子は秦雄から事の顛末を告白される。
そこに隠されていた謎を解くのは妹頼子から
このことを相談された兄貞一だった。「火の記憶」

戦地で繰り広げられる恋のさや当て。
魂までも敗北者となり果てた二人の男は
浅ましい事件をきっかけに暴走し…「赤いくじ」

浮気をしていた北沢は旅館で盗難に遭い途方に暮れる。
そして小役人北沢が思い浮かべたのは赤堀という
男の顔であった。事なきを北沢であったが、
大方の予想通りただでは済まないのだった。「弱味」

など12編を収録した傑作短編集。新潮文庫
人の転落、狂気、業、思考、心理描写、人生…
時代は変わっても共感、納得できる名作ずらり。
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめの短編・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

小説『白いしるし』西加奈子

32歳。失恋を繰り返す夏目は恋に溺れぬように
絵を描きながら日々を送る。それだけでは
食べられないのでバーテンダーをしている。
写真家の男友達瀬田の紹介により、かねてから
心を奪われるような絵を描く間島と出会う。
本人が危惧していたように、超然とした間島に
強く惹きつけられ恋に溺れてしまう夏目。
自分の絵を、自分のことを好きだと言ってくれる
間島だったが、暗い影のような存在が見え隠れ。
彼には自分が踏み込めない聖域のようなものがある。
かつて体験した失恋の痛みがかさぶたに変わる日は
来るのか?全身全霊をかけた恋の行方は。新潮文庫
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

小説『ダークゾーン』貴志祐介

プロ棋士をめざす3段塚田20歳。異世界の中で
キングとなった彼は将棋とチェス、カードゲームを
混ぜたようなゲームを興じることになった。
仮想現実の世界は空腹や生理的欲求を覚えないが、
肉体的・精神的苦痛はプレイヤーに連動する。
あいまいな記憶の中でプレイヤーたちは塚田の記憶の
中で存在する者たち。自分の教授であったり、
大学の友であったり、恋人である理沙もいる。
理沙たちはゲーム特有の変化(化け物化)しており
それぞれのキャラクターに応じた強大な能力を有する。
キングとなった塚田は、現実の世界で将棋のライバルの
立場にある奥本(キング)と七番勝負をすることに。
状況を把握していない塚田に対し、奥本は先制攻撃を
繰り出し、生死を懸けた頭脳戦が繰り広げられる。

キングをとるまで続くこのゲームは凄惨を極める
非常な殺し合い。まるで地獄のような…。
相手の駒を倒すと、復活し今度は自分の駒となり
味方になるが、それは相手も同じ。将棋同様に
持ち駒は有効であり強力。しかも相手の駒になると
情報をもたらしてしまう危険因子となってしまう。
壮大な戦いを終えるたびに、「現実世界」での出来事が
語られていき、なぜこのような悪夢が引き起こされたかが
明らかになっていく。一読した感想としては
地獄かと思われた世界に一縷の望みがあるようなラスト。
また貴志先生が新たなホラー小説の分野を開拓した。
祥伝社文庫 上・下巻
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする