2017年04月11日

エッセイ『養老孟司の旅する脳』養老孟司

世界中に旅する理由は昆虫採集でありライフワーク。
解剖学教授でありながら、脳に関する権威とされる
養老先生による語りおろしエッセイは
目から鱗が落ちる発想も多く読んでいて楽しい。

なぜアフリカ人は8頭身のカッコイイ体型なのか?
体表面積を増やすことで熱を逃がすため。

十人並の顔はたいしたことないが、
百人の顔を平均化すると美形になる?

日本人の脳が漢字とかなを読む場所は違う?

東大医学部に合格する人間は血圧に換算すると
300という異常値であり、これを正常値に戻す。
つまり凡人に完治させまともな感覚を持つ医者に
する必要がある。など2〜3ページごとに語られる
エッセイなのでサクサク読める。小学館
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのエッセイ・私小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする