2017年04月08日

小説『この国。』石持浅海

一党独裁の管理国家を誇るこの国は繁栄をたどり
管理体制側は最高の国を自負する。しかし、
反政府を掲げる反対勢力による妨害を受け…。

200年にわたる鎖国を解禁し、欧米列強の魔の手から
なんとか植民地化を避けてきたこの国。
第一次戦争、第二次戦争に介入せず、それ以降も
平和主義を貫き現在に至っている。

主な特徴としては、公開処刑(死刑執行)が娯楽化し、
小学校卒業までの結果で職業などの将来が決定される。
士官学校は形骸化し、実質的に公務員を作り出す組織。
エイズの蔓延を防ぐ目的で環境が整えられた売春宿は
政府が管理する。(表向きは売春を認めていない)
世界に類を見ないほど街はキレイで治安はよく、
失業率は1%以下、世界からの評価も高く老後を
この国ですごす海外からの永住者も多い。
しかし不満は募るもの。
そして同時にどんな集合体においても水面下、意識下では
歪でエゴが蔓延する危険を多分にはらんでいる。
国家転覆、政権打倒を掲げる反政府組織松浦らは
治安警察官番匠に戦いを挑み続ける。

この国のため、この国のあり方をめぐり
頭脳戦を繰り広げる二人は、好敵手にして
不倶戴天の敵であるお互いに殺意をぶつけ合う。
国レベルのマクロな問題でありながら、
個人レベルのミクロな私情をはさんだ頭脳ゲームを
制するのは果たして?光文社文庫
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする