2017年03月29日

小説『御不浄バトル』羽田圭介

電通ではなく電信に入社。ブラック企業だった。
教材を法外な値段で売る詐欺会社の事務職の僕は
徐々にこの会社の実態に気付いていく。
まともな精神の者は半年で会社を去り、
精神が麻痺した社員はインチキ教材を売りさばき
報酬を得て、ぜいたくな暮らしに走る。
人の嫌がることを進んでやれる(悪い意味で)。
そんな鈍感な者だけがいられる場所。
それが電通。おっと間違えた電信だ。

主人公の僕が心を落ち着けられる場所はトイレだ。
駅のホームにある比較的綺麗な個室を確保したいと
今日も僕は速足で歩く。常連メンバーと出くわす。
緊張感漂う会社の中で僕にとって安寧の場所。
トイレの中だ。食事もここで行う位だ。
欲求不満すらもここで処理する。
絶対不可侵の聖域。それはトイレである。
それにしても排泄物の描写がリアルすぎる。

僕は何とか詐欺的勧誘に関わらないように
お茶を濁してきたが、上司から暴力的な制裁を受ける。
本格的に会社を辞めたいが、会社都合による退職を
めざす僕は証拠集めに乗り出す。恋人や友人の支え、
トイレの中でこっそり発揮されるバカバカしい戦い、
ブラック企業の実態、サラリーマンの苦悩を描いた問題作。
短編「荒野のサクセスも収録」 集英社文庫
ラベル:小説 羽田圭介
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする