2015年09月26日

小説【カラスの親指】道尾秀介

悪党によって人生を狂わされた武沢とテツさんは
詐欺によって生活を立てる中年二人組。
そんな二人には決して打ち明けられない秘密があった。

ある日のことであった。
二人はスリ少女まひろの犯行を目撃。
武沢はなぜか彼女に救いの手を貸し、
生活に困っているなら同居しないかと持ちかける。
下心はないが、思う所はあった。
どうせ来ないだろうと思っていたのに彼女はやってきた。
とまどいながらも同居していた三人だったが
新たな同居人が現れへんてこな生活がはじまった。
しかし、かつての因縁の相手、悪党の影が見え隠れし…。

身の危険を感じた武沢らは住居を変えるが魔の手が迫る。
奴らに仕返しするには詐欺師として自らの役を演じ切り
大金をせしめてやるしかない。
5人の役者は、悪党ヒグチとその一味に戦いを挑んだ。
講談社文庫 500ページ
ラベル:おすすめ
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

小説【モナミは世界を終わらせる?】はやみねかおる

くいしんぼうなドジっ娘として定評のあるモナミは
最近変な視線を感じていた。
なぜか自分の周りで変わったことが起こりだした。
そして、姿を現したのは彼女を身辺警護するという男丸男。
いたって普通?な能天気女子高生モナミが命を狙われている?
バタフライ効果によってモナミが体験する事象は
地球規模でシンクロ(連動)して大事件に発展するらしい…。
いいことはもちろん、悪いことであっても…。

日常的にドジを繰り返し、反省しないモナミのドジは
世界を破滅しかねない。
校庭のグラウンド争いは中東の紛争につながるという…。
それってかなり危険じゃないか。そんな危険因子は
消してしまおうじゃないか!と次々とモナミに危険が迫る。
シスコン丸男は妹の言いつけにしたがって
モナミを守りにやってきた忍者のような存在である。
でも丸男の言動はしんらつでモナミに対する愛情は
妹のそれに比してかけらすらも感じない。
そのことに不満を感じながらも、流石に自分のせいで
世界を終わらせるわけにはいかないとモナミは考える。
世界を変えるヒントは何気ない日常に転がっている。

角川文庫 ライトノベルファンタジー
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑える・楽しい・爆笑できる本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

【黒革の手帳】松本清張 

地味なベテラン銀行員原口元子は「黒革の手帳」に
したためた「情報」によって大金を横領。
銀行側を脅すことで事件にならず、銀座のママに転身。
手堅い社会から闇社会の華やかな仕事の場を移した元子は、
クラブのママとして辣腕をふるった。
こんな華やかな世界があったのか。
元子は、脱税によって億万長者になった産婦人科病院長の
内情を探り出し、再び黒革の手帳を発動。
快進撃を続ける元子であったが、多くの恨みを買うことに。
大金を持つことで、かえって膨らんでしまった元子の欲望は
とまらない。更なる事業の拡大、大いなる野望を刺激し
新たな黒革の手帳の得物を探し求める。
傑作長編サスペンス。
新潮文庫 上・下巻

posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめ長編小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする