2010年07月13日

エッセイ『延長戦に入りました』奥田英郎

スポーツに関する疑問や興味のあれこれを

追求していくという爆笑エッセイ。

基本テレビの前では無責任な批評家になり

試合をおもしろおかしく観戦してしまう

スポーツ好きの特性を見事に表している。


ときに皮肉まじりに、ときに舌鋒鋭く、

ときに風変わりな視点から

スポーツのおもしろさや奥深さを、

勝手な妄想(想像)を交えながら描く。


なぜレスリングの服は乳首を隠さないのか?

隠せよ!という指摘や

試合結果から見る(想像する)高校野球顛末、

死力を尽くしたサッカーの試合がPKで

決まってしまう不満やスポーツそのものでなく

ときに観客や売り子に興味がいってしまう

傍観者のお気楽な視点なども交える。

延長戦に入りました (幻冬舎文庫)

延長戦に入りました (幻冬舎文庫)

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 文庫


posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのエッセイ・私小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする