2010年05月16日

『第三の時効』

「常勝軍団」。F県警部捜査課には

タイプの異なる優秀な三人の班長が在籍。

凶悪犯の検挙率はほぼ100%誇る。


だが、あくの強い彼らの競争心を煽る目的で

配置されたその人事は

確かに高い検挙率を出す一方で

彼らのボスである田畑をときに苦しめる。


署内には、ライバル心むきだしの殺伐とした

空気が生まれ、チームワークは崩壊。

だが優秀な刑事たちは、真犯人を暴き、

ときにトリックプレーで犯人逮捕を勝ち取る。


かつて子供時代に誘拐犯人に利用された

苦い過去を持つ矢代や、班長・田畑たちの

葛藤や活躍を描いた本格ミステリーであり、

大満足の傑作。表面的なことばと裏腹に

垣間見せる正義感が実に心地よいのだ。




第三の時効 (集英社文庫)

第三の時効 (集英社文庫)

  • 作者: 横山 秀夫
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/03/17
  • メディア: 文庫


posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | すごくおすすめの短編・短編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする