2009年12月21日

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』黒井勇人

中卒、ひきこもりのニートの27歳の青年が、

母の死をきっかけに、父と話し合い

働かなくちゃと一念発起。

プログラマーの資格を取り、数多の面接を

こなし、見事就職を勝ちとる。


不安と期待を胸にプログラマーとして入社。

しかし、その会社は新人を放置し、

初日に過度の残業は当たり前、

リーダーは典型的なジャイアン的暴君、

その太鼓持ち・スネオ的存在であり、

常におバカな発言を繰り返す井出、

そして挙動不審な精神的ヤンデレ上原さん

を抱えるという燦々たるブラック会社。


それでもめげずにやってきた二日目には、

『よく来たな』と拍手される始末。

恐ろしい会社に入ったものだ……

と思った主人公だったが。

しかし、そこには一生に一度会えるかどうか

という大人物もいて……。


2ちゃんねるで立てられたスレによって、

過酷なプログラマーの実態と、

イカれた人ばかりのブラック会社の存在が

浮き彫りになる。

そしてそこに集まってくる個性的を通り越した

『超人』的な人たちが織りなす笑いと感動の

物語。挫折を知るがゆえに、誰よりも力強く

逆境に挫けない主人公マ男と、彼が尊敬して

やまない平成の諸葛孔明こと藤田さん。

そんな会社の応援に来たやっぱり変人だった

中西さん。

そして問題児な後輩の木村君、竹中君。


悲惨すぎるギリギリ納期のプロジェクトと、

高い壁を乗り越えた人間だけが知る感動、

藤田さんの隠された過去、そして思わぬ展開

を見せるおすすめの物語。

ブログ使用なので横書き。約400ページ。



ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

  • 作者: 黒井勇人
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/06/26
  • メディア: 単行本



posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめのエッセイ・私小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

『著作権侵害2』

たとえば人道に背く行為と言うなら 
虫けらとなって愛を誓う
Mr.Children「Love is Blindness」

空と君との間には いつも冷たい風が吹く
君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる
中島みゆき「空と君との間に」  

暗闇を照らしてよ あの頃のように 
君なしじゃ不安定なんだよ
Mr.Children「Surrender」

悪魔のフリして切り裂いた歌を 
春の風に舞う花びらに変えて
スピッツ「チェリー」

僕の声が続く限り 隣でずっと愛を唄うよ
年をとって声が嗄れてきたら ずっと手を握るよ
GReeeeN「愛唄」

付かず離れずが恋の術でも そばにいたいのよ

いとしさのつれづれで かき鳴らす六弦
Mr.Children「つよがり」

忘れかけた 本当は忘れたくない 
君の名をなぞる
スピッツ「春の歌」

あれからは一度も涙は流してないよ 
でも 本気で笑うことも少ない

今以上をいつもほしがるくせに 
変わらない愛を求め歌う
Mr.Children「くるみ」

人が見ればきっと 笑い飛ばすような 
よれよれの幸せを追いかけて
スピッツ「桃」

今夜夢で逢えたら 
うれしすぎて 泣いてしまうかも
福山雅治「milk tea」

負けないように 枯れないように 
笑って咲く花になろう

等身大の自分だってきっと愛せるから
ミスチル「花」

高ければ高い壁の方が
昇ったとき気持ちいいもんな

誰のマネもすんな 君は君でいい 
生きるためのレシピなんてない 
Mr.Children「終わりなき旅」

人前で泣いたことのない 
そんな強気なあなたでも
絶望の淵に立って 迷う日もあるでしょう
Mr.Children「Mirror」

わずかだって灯が心に灯るなら
大切にしなきゃと僕らは誓った
Mr.Children「Sign」

ありがとうっていう意味が 
これっきりっていう意味だと
最後まで気がつかなかった
中島みゆき「恋文」

君が見つめるその先に 
僕の姿があってほしい
Every Little Thing「恋文」

草原はたまにどしゃぶり 光見失うけど 
雲は必ず いつかきれてく
吉井和哉「Beautiful」

雑草みたいにさりげなく 
アスファルトをつきやぶりたい
YOSHII LOVINSON「CALL ME」

今を生きるのは 過去があったから 
喚き散らして 未来を探した
The Yellow Monkey「SO YOUNG」

君のくれた ひび が積み重なり 
過ぎ去った ひび 二人歩いた キセキ
GreeeeN「キセキ」

笑っていても 泣いてすごしても 
平等にときは流れる
Mr.Children「HANABI」

幸せはいつだって 抱きしめた途端に 
ピントがぼやけてしまう
Mr.Children「少年」

心さえ渇いてなければ 
どんな景色も宝石に変わる
Mr.Children「エソラ」

もしもどこかで もしも君が泣くときは
この詩が君をなぐさめてくれますように
SOPHIA「Thank you」

どんなに悲劇に埋もれた場所にでも 
幸せの種は 必ず植わってる
ミスチル「花の匂い」

粉雪 ねぇ 心まで白く染められたなら
二人の孤独を包んで そらに返すから
レミオロメン「粉雪」

心に形なんてない 
逆を言えば自由自在に姿を変えていけんだ
Bank Band「はるまついぶき」

Don’t be afraid to try again.
ふたたび挑戦することを恐れないで。
ビリージョエル「The Stranger」
 


自分のおすすめの好きな歌のフレーズを

書いただけでも、著作権侵害。世の中窮屈。
ラベル:歌詞 音楽
posted by book0001,世界は誰にでも、読書初心者におすすめ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままにその日暮らし! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする